ページの本文へ

Hitachi

日立 自治体ソリューション ADWORLD(アドワールド)

2015年地方自治体ICTセミナー:仙台レポート

行政の効率化と住民サービスの向上に向けて

ご来場御礼

「地方自治体ICTセミナー:仙台」は、盛況のうちに無事終了しました。
多数のお客さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

[写真]地方自治体ICTセミナー:仙台

「地方自治体ICTセミナー:仙台」では、番号制度に関する講演と、さまざまなソリューションの展示を行いました。60名を超えるお客さまにご来場をいただき、盛況なセミナーとなりました。当日の講演や展示会場の様子をご紹介します。

概要

日時 2015年7月17日(金曜日)13時30分〜15時30分(12時30分開場) [終了しました]
会場 日立システムズホール仙台 (2階 交流ホール)
主催 株式会社 自治日報社
協賛 株式会社 日立製作所
株式会社 日立公共システム
株式会社 日立システムズ

発表テーマ

[写真]講演の様子

[写真]講演の様子

[写真]講演の様子

【基調講演】

「地方公共団体におけるマイナンバー制度への対応について」
総務省 自治行政局 住民制度課 課長 篠原 俊博(しのはら としひろ)氏
マイナンバーの概要から趣旨、仕組み、全体像、管理方法、セキュリティ対策、メリット、政府の方針など、地方公共団体におけるマイナンバー制度への対応について、詳細事項も含めご説明いただきました。
  • 講演を聴講いただいた来場者からは、
    • 「断片的に情報は入ってくるが、体系的な説明を聞ける機会であり、ありがたかったです。」
    • 「マイナンバー制度そのものよりも、それに付帯して今後進む見込みの各種対応制度の概要が参考になった。」
    • 「ネットワークの構成や、そのもののメリットなど非常にわかりやすかった。」
    • 「まだまだマイナンバーについて勉強不足であったため、非常に参考になりました。資料も大変わかりやすく助かりました。」
    などの貴重なご意見・ご感想をいただきました。

【研究発表】

「番号制度導入準備として自治体に求められる取組み 〜 自治体システムの視点で 〜」
株式会社 日立製作所 公共システム事業部 ID基盤推進第一センタ 技師 岩崎 英(いわさき すぐる)
日立からの研究発表では、最新動向として特定個人情報保護評価の状況や、自治体に求められる取り組み、番号制度の将来利活用、そして、日立グループの取り組みについて発表いたしました。
  • 講演を聴講いただいた来場者からは、
    • 「細かな部分も含まれ、非常に良かった。」
    • 「自治体でどのような動きが必要となるのか、わからない部分があったので、その中身を知ることができてよかった。」
    • 「資料が多い割に時間が少なかったので、もう少し長い時間を用意してほしかった。」
    などの貴重なご意見・ご感想をいただきました。

展示会場

2015年10月より本格開始される番号制度対応に向けて、必要な機能をパッケージシステムに取り込む「ADWORLD 住民情報」を始め、戸籍証明や住民票などを最寄りのコンビニから交付する「証明書コンビニ交付・自動交付」、自治体の業務・システムならびに番号制度に精通したコンサルタントとエンジニアが中心となり、「システム構築」「特定個人情報保護(セキュリティ)」「職員研修」など自治体の番号制度対応を日立グループとしてトータルに支援する「自治体向け番号制度ソリューション」、確実な本人確認が可能な指静脈認証を窓口の共用端末や業務システムへのログインほか、さまざまなシーンに活用することで安全・安心な住民情報の運用・管理を実現する「指静脈認証ソリューション」など、自治体向けの幅広い日立グループのソリューションをデモンストレーションしました。

ご来場いただきましたお客さまからは、出展製品やソリューションへの具体的なご質問からご評価、各自治体の課題のご相談、そして、セミナーの継続開催ご要望まで、多くのお話しをいただき、各ブースとも盛況でした。

[写真]展示の様子

[写真]展示の様子

[写真]展示の様子

[写真]展示の様子

[写真]展示の様子

[写真]展示の様子

お忙しいところご来場いただきましたお客さまには改めて御礼申し上げますとともに、法改正や自治体さまの情報システムへの関心度の高さも改めて強く感じました。また、日々の業務で使用されている情報システムへのご要望もお聞きできましたので、そのようなニーズに対して、日立グループの総合力で応えていけるよう改善を続けてまいります。
これからも、各地区でお客さまから直接お話を伺える機会を大切にしていきたいと考えておりますので、引き続き、よろしくお願いします。

出展製品

住民情報

ADWORLD 住民情報(株式会社 日立システムズのWebサイトへ)
多くの自治体にご利用いただいている「ADWORLD 住民情報」は、職員さまの業務効率や住民サービスの向上を考え、常に進化し続けるパッケージシステムです。10月より本格開始される番号制度対応に向けて、必要な機能をパッケージシステムに取り込むことにより、確実な対応を提供します。また、タブレットの活用による窓口機能をご紹介します(参考出展)。
【ご紹介業務】 総合窓口、住民記録、税業務(個人住民税・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税)、収納・滞納管理 ほか
証明書コンビニ交付・自動交付/証明書交付サービス端末
戸籍証明や住民票などを最寄りのコンビニから交付します。単独交付だけでなく、広域交付、コンビニ交付などさまざまな形態に対応し、閉庁後や休日・夜間など住民のライフスタイルに合わせて交付できます。
設置場所を選ばないコンビニ交付対応端末(RICOH製)も合わせて展示します。

内部事務

ADWORLD 統合内部(株式会社 日立公共システムのWebサイトへ)
予算編成、執行管理、固定資産管理、備品管理、公有財産管理などをトータルサポートする財務会計システム。法改正によるシステム変更の負荷を軽減した人事給与システム。職員・申請・勤休の総合管理が可能な庶務事務システム。ライフサイクルに従って一元管理が可能な文書管理システム。ニーズと変化に柔軟な決裁事務を可能とする電子決裁基盤システムおよび統合認証基盤システム。各システムを連携させることにより、内部事務の業務効率向上を実現します。番号制度対応はもとより、2014年4月総務省から提示された「今後の新地方公会計の推進に関する研究会報告書」にある「公会計新統一基準」に対応したソリューションをご提供します。

防災

ADWORLD 災害情報一元配信システム
災害発生などの緊急事態時に複数メディアへの情報配信を自治体職員さまが一元的に行うことで、地域住民全体への迅速な情報伝達、管理者作業の負荷削減を実現するシステムです。ご要望に応じて緊急速報メールやSNS(*)、登録制メール、Lアラート、防災行政無線などのメディアに情報を一括配信します。
  • * SNS:Social Networking Service

福祉関連

ADWORLD 介護保険システム(株式会社 日立システムズのWebサイトへ)
高齢化社会で重要性を増している介護保険業務。度重なる制度改正にも迅速に対応し、使いやすさにこだわった操作性で、資格管理から保険料の管理、サービス受給状況の管理や相談まで、スピーディーできめ細やかな住民サービスを実現します。
ADWORLD 介護保険認定審査会支援システム(株式会社 日立システムズのWebサイトへ)
介護保険認定審査会の効率的かつ、円滑的な運用を簡単に実現する介護保険審査会支援システムです。介護認定審査会に必要な書類をイメージデータ化して保存しておくことにより、従来手間のかかっていた資料印刷・運搬・管理を簡単に行うことができます。
ADWORLD 後期高齢者医療事務支援システム(株式会社 日立システムズのWebサイトへ)
広域連合の標準システムとのシームレスな連携を実現。現場の声を反映した多彩な機能で、資格管理から保険料の管理や相談など、後期高齢者医療事務をしっかりサポートします。
疲労・ストレス測定システム(株式会社 日立システムズのWebサイトへ)
住民や自治体職員さまのメンタルヘルスケアに役立つサービスです。「心の健康」を最新のICT技術と運用ノウハウでサポートします。疲労・ストレス傾向を数値として見える化し、疲労・ストレスにおける疾患を発症する前に、ケア・医療が必要な対象者を適切に抽出し、迅速な対応を促すことが可能です。
地域包括ケアを支援する自治体クラウドソリューション/口腔ケア支援ネットワークシステム
厚生労働省から、2018年度までに全市町村で在宅医療・介護連携推進事業を実施するように手引き書が提示されました。対応策として、茨城県笠間市での運用実績をもとに、市町村保有の介護・健診・見守り情報を有効活用しながら、民間介護事業者や医療機関などを含めた多職種間の情報連携基盤を構築し、住民サービス向上をサポートします。また、口腔ケア支援ネットワーク機能を付加することで、誤嚥性肺炎などの発症リスクを軽減し、医療費歳出削減に寄与する提案をご紹介します。

調達

CYDEEN 電子入札/契約管理/競争参加資格申請受付/成績評定(株式会社 日立システムズのWebサイトへ)
公共発注機関の調達事務をサポートするクラウド型システムです。業者登録の申請受付から契約管理、電子入札、成績評定まで調達業務全般に対応します。多彩な機能を備えた業務システムにより、調達事務の効率化を支援します。
CYDEEN 社会インフラ維持管理(株式会社 日立システムズのWebサイトへ)
ICTを活用し公共構造物(道路施設、上下水道設備、建築設備など)の保守・維持管理全般をワンストップでサポートします。台帳管理機能に加え、これまでの点検情報や補修情報などを基にした集計・分析から健全度評価・劣化予測を行い、Life Cycle Cost計算、長期修繕計画などを作成でき、公共構造物の長寿命化を実現するアセットマネジメントを支援します。橋梁に加えて道路舗装、トンネル、道路附属物、構造物に関する健全度評価や長期修繕計画など維持管理方法についてのデモンストレーションを行うことができます。

その他

自治体向け番号制度導入支援ソリューション
いよいよ開始される番号制度。10月の番号通知対応を滞りなく行うために、また2017年度内の対応が求められる番号利用/情報連携対応を円滑かつ確実に行うために、自治体の業務・システムならびに番号制度に精通したコンサルタントとエンジニアが中心となり、「システム構築」「特定個人情報保護(セキュリティ)」「職員研修」など自治体の番号制度対応を日立グループとしてトータルに支援します。
指静脈認証ソリューション
番号制度の導入や相次ぐ情報漏えい事故の発生にともない、住民の個人情報を適切に取り扱うために、より高度な自治体職員さまの本人認証が求められております。確実な本人確認が可能な指静脈認証を窓口の共用端末や業務システムへのログインほかさまざまなシーンに活用することで安全・安心な住民情報の運用・管理を実現します。
オープンデータ/ビッグデータ関連ソリューション
『世界最先端IT国家創造宣言』でも示されているオープンデータ(公共データの民間公開)への対応が自治体でも本格化して来ました。その先進的な取り組みや、ビッグデータとして活用している事例をご紹介します。
情報分析ソリューション「QlikView」
QlikViewは、変化し続けるデータを自在に分析し、可視化し、企業価値を高めるためのBI(ビジネス・インテリジェンス)ソリューションです。オープンデータやおのおののシステムの膨大なデータの収集から、インメモリ展開による多様な切り口の集計・グラフ化まで、一つのプラットフォームでシンプルかつ迅速に実行できます。
Webユニバーサルデザイン ソリューション「4Uweb」(株式会社 日立公共システムのWebサイトへ)
高齢者、子ども、障がい者、外国人を含むさまざまな人にとって使いやすい、アクセシビリティ・ユーザビリティに配慮したWebサイトの構築を支援するソリューションです。コンサルティングからデザイン、制作、コンテンツマネジメントシステム導入、公開後の運営まで一貫したサービスを提供しており、全国の自治体を中心に多数の導入実績があります。各種サービス、コンテンツマネジメントシステムのほか、オープンデータカタログサイトとの自動連携機能についてもご紹介します。
ペーパーレス会議システム「SmartSession」(株式会社 日立システムズのWebサイトへ)
会議などで配布するドキュメント類の印刷はもう不要です。iPad,iPhoneなどを使用してスマートに共有/参照する環境をご提供することにより、出席者はiPadによりドキュメントを閲覧します。紙やコピーにかかるコスト削減(ペーパーレス化)、事前準備にかかる工数の削減を実現します。また会議の円滑な進行をサポートします。
健康管理システム
多くの保健師さんの声を取り入れて成長したシステムです。業務に沿った機能と使いやすさで保健業務推進の即戦力となり、保健師さんが行う地域の健康づくりや健康データの分析、集計を支援します。

2015年地方自治体ICTセミナー各地区開催一覧

自治体ICTセミナー 各地区開催一覧
開催地区 概要
地方自治体ICTセミナー:大阪 [終了しました] 【日程】2015年7月2日(木曜日)
【会場】ANAクラウンプラザホテル大阪(3階 万葉の間)
地方自治体ICTセミナー:福岡 [終了しました] 【日程】2015年7月9日(木曜日)
【会場】ANAクラウンプラザホテル福岡
(2階クラウングランドボールルーム)
地方自治体ICTセミナー:仙台 [終了しました] 【日程】2015年7月17日(金曜日)
【会場】日立システムズホール仙台 (2階 交流ホール)