ページの本文へ

Hitachi

日立ビジネス向けPC【HP製】

PCの情報漏えい対策あれこれ

暗号化による情報漏えい対策

PC内のファイルやディスクを暗号化し、読み取れないようにする。

イメージ図:暗号化による情報漏えい対策

課題

記憶装置に保存されているデータは、暗号解読により読み取られる可能性があり、端末の紛失時などに情報漏えいの不安が残る。

仮想デスクトップによる情報漏えい対策

画面転送方式で仮想デスクトップに格納されたデータを利用し、端末にはデータを残さない。

イメージ図:仮想デスクトップによる情報漏えい対策

課題

  • システム全体の導入コストが高い
  • オフライン環境では使用できない

従来の暗号化や仮想デスクトップなどの対策に課題をお持ちのケースには、
PCの保存データを無意味化する、”秘密分散技術”の活用が課題解決に導きます。

秘密分散技術とは

従来の暗号化とは概念が異なる、データを無意味化する技術

秘密分散のしくみ

データを暗号化して複数のストレージに分割保管。データ復元には、分割されたファイルを揃える必要があります。

イメージ図:秘密分散のしくみ

分散ファイルの作成イメージ

イメージ図:分散ファイルの作成イメージ

秘密分散技術を活用した、PCデータ秘密分散型セキュリティサービスが解決

必要なソフトウェアをあらかじめインストール、設定も施した状態でお届け

秘密分散技術を有したソフトウェアに加え、万が一の誤操作などでストレージに不正な書き込みをすることのないよう、書き込み保護ソフトウェアも組み合わせてインストール。
さらに、日立が培ってきた経験をもとに独自のセキュリティ設定を施した状態で、お客さまへご提供し、届いたその日からすぐご利用になれます。

秘密分散技術を活用した、PCデータ秘密分散型セキュリティサービス

サービスの特長

1. 秘密分散×書き込み保護×日立独自設定により、高度な情報漏えい対策を実現

  • データを分割して保存することで、PC盗難・紛失時の情報漏えいを防止
  • ユーザーの誤操作による端末へのデータ保存を、書き込み保護ソフトにより防止
  • 不正持ち出しによる情報漏えいを独自のセキュリティ設定で防止

2. これまでのモバイル端末と同じようにいつでもどこでも利用可能

  • シンクライアントシステムでは必ずネットワークに接続した状態でないと操作できませんが、通常のPCと同等の操作感でオフラインでも利用可能
  • 端末の利用に管理サーバーは不要。ソフトウェアと設定ファイルをインストールするだけのかんたん導入

3. Office 365®との高い親和性

  • Office 365®利用時、PCの内蔵ストレージではなく仮想ドライブにキャッシュデータを自動的に保存することで、ユーザーデータと同様に暗号化・分割保管し、情報漏えいの抜け道を防ぐ
  • PC上の仮想ドライブとOffice 365®のOneDrive®間でのデータ同期に対応。PC故障・紛失時のデータ消失を防止

サービスメニュー

充実したサービス内容で手厚くサポートいたします。
PCを安全に安心してご利用いただくために、サービスメニューを2つご用意しています。

1.PCデータ秘密分散型セキュリティサービス
サービス内容 ① 本サービスで利用する秘密分散ソフト/書き込み保護ソフトのライセンス、インストールメディアの提供
② 秘密分散ソフト/書き込み保護ソフトの設定やOSカスタマイズ設定に関する設定手順書の作成・提供
③ PCに② の設定を適用するための設定用バッチファイルの作成・提供
④ ①〜③の設定・利用方法に関する導入時の技術支援(メールによる問い合わせ回答)
サポートOSWindows® 10 Pro
2.PCデータ秘密分散型セキュリティサービス向けサポートサービス
サービス内容 ① 秘密分散ソフト/書き込み保護ソフトの修正パッチの提供
② 1.のサービスの提供物、及び、① の設定・利用方法に関する導入後の技術支援
 (メールによる問い合わせ回答)

パンフレット

後日掲載予定

また、そのほか、システム管理者の負担を軽減するサービスやソフトウェアをオプションでご提供することが可能です。詳しくは、下記の窓口よりお問い合わせください。