ページの本文へ

Hitachi

企業情報ニュースリリース

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2021年6月30日
株式会社日立産機システム

高圧真空遮断器 「新型Cシリーズ」を販売開始

注油レスで保守工数の大幅低減と高い信頼性を実現

[画像]真空遮断器「新型Cシリーズ」
真空遮断器「新型Cシリーズ」

  株式会社日立産機システム(取締役社長:竹内 康浩)は、注油レスにより点検工数を大幅に低減し保守性を向上した真空遮断器「新型Cシリーズ」を2021年9月から販売開始します。

  真空遮断器は高真空の優れた絶縁耐力と、消アーク能力を利用して電路の負荷電流を遮断するほか、機器や電力系統に異常が発生したときに、過電流継電器などと組み合わせて自動的に回路を遮断し、故障系統を切り離す機器です。高圧回路に短絡事故などが発生した場合に、大電流が流れれば瞬時に被覆が溶融し発熱・発火など重大事故につながる恐れがあるため真空遮断器は高い信頼性と安全性が必要です。
  複雑な構造の真空遮断器には多くの摺動部があります。摺動部の潤滑にはグリースを使用しており長期設置される間に固化や粘性が増す固渋の発生によるグリースの劣化や、油切れによる機構部の動作不良により投入不良や引き外し不能を防止するため定期的な注油が必要でした。また、真空遮断器の保守点検、および、更新の際は、稼働している設備の電路を遮断して行う必要があるため、保守、更新は安全に短時間で作業できることが求められています。

  新型Cシリーズ摺動部の大部分を特殊コーティングすることにより、摺動部の定期的な清掃と注油作業が不要な注油レスとし、当社従来機と比較し点検工数、および、作業時間を低減するとともに、注油作業不備による不具合の発生を無くしました。さらに点検周期の延長により、真空遮断器の期待寿命である20年間における総点工数、および、作業時間を大幅に短縮し、交換部品も低減することで、安全と省メンテナンス、保守費用削減を実現しました。
  また、本体質量24kgと固定式の真空遮断器としては、業界最軽量クラスの大幅な軽量化を実現しました。更新用互換パネルの採用と取り付けフック標準装備により従来機から容易なリプレースが可能です。

真空遮断器「新型Cシリーズ」の主な特長

(1) 注油レスによる信頼性向上と点検工数低減

1-1)特殊コーティングによる注油レス実現
  新型Cシリーズ摺動部の大分部に特殊コーティングを採用することで注油レス化を実現しました。摺動部の定期的な清掃および注油作業を不要にすることで、注油が必要な当社従来機と比較し点検工数の低減とともに、注油作業の不備による不具合の発生をなくしました。

1-2) 大幅な点検工数の削減
  摺動部の注油レス採用により真空遮断器の期待寿命である20年間の点検回数は当社従来機と比較し、定期点検を16回から2回に、精密点検は3回から1回に低減、総点検時間を大幅に短縮し、交換部品も低減することで、安全性向上と省メンテナンス、保守費用削減を実現しました。さらに、真空遮断器の点検には、設備の電路を遮断して行う必要がありますが点検時の注油作業が不要なため点検時間が短縮できます。

[画像]従来機との点検周期比較
従来機との点検周期比較

(2) 容易なリプレースを実現

  本体質量24kgと固定式の真空遮断器としては、業界最軽量クラスに大幅な軽量化を実現しました。リプレースする際は、軽量化した本体に加え、更新用互換パネルの採用と取り付け時に取り付けフックを標準装備、事前の検討、および、交換作業時間の短縮が図れます。

製品仕様

投入操作方式 手動ばね操作
引き外し方式 電圧引き外し/過電流引き外し
定格電圧(kV) 7.2/3.6
定格電流(A) 400/600
定格遮断電流(kA) 8/12.5
規格 JIS C 4603-2019
質量(kg) 24

関連情報

日立産機システムについて

  日立グループは、OT(Operational Technology)、IT(Information Technology)およびプロダクトを組み合わせた社会イノベーション事業に注力しています。日立グループの、IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフ、オートモティブシステムの6分野の中、日立産機システムはインダストリー分野のプロダクト事業を通じてお客さまの社会価値、環境価値、経済価値の3つの価値向上に貢献します。

お問い合わせ先

株式会社日立産機システム 事業統括本部 受変電制御システム事業部 [担当:榎本]
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3番地 AKSビル
TEL : 080-8862-6187(携帯)

以上

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。