ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

 

地方自治情報化推進フェアオンラインは終了いたしました。
お忙しい中、多くの関係者の方にご来場いただきまして誠にありがとうございました。
地方自治情報化推進フェアオンラインにて公開したセミナー・動画はこちらでもご覧いただくことができます。

日立のスマートシティ〜自治体を中心としたまちづくり〜

各都市の多様なデータを集約・分析・活用する事により地域住民の生活に密着した各種サービスや生活を支える環境の都市マネジメントサービスを提供します。
誰もが「私が私らしく生きられる」、そのような未来をめざすスマートシティの概要と事例をご紹介しました。

私が私らしく生きられる未来の社会

私が私らしく生きられる未来の社会

人とデジタルが価値を創り続けるスマートシティ

人とデジタルが価値を創り続けるスマートシティ

社会インフラ保守プラットフォーム

「社会インフラ設備の老朽化」、「熟練保守員の不足・高齢化」という社会的背景に対し、日立は社会インフラ保守に関係するデジタルサービスをワンストップで提供し、社会インフラ設備の維持管理に関するエコシステムの構築を主導します。

日立がめざす社会インフラ保守サービス

日立がめざす社会インフラ保守サービス

地域包括ケアICTソリューション 情報共有システム

情報共有システムは、自治体が保有する要介護(要支援)認定情報など支援対象の高齢者の情報を、パソコンやスマートフォンで共有することができるシステムです。紙・電話・FAXによるやり取りをリモート化することで、煩雑な業務を効率化します。

地域包括ケアシステムICTソリューション 情報共有システムのご紹介

地域包括ケアシステムICTソリューション 情報共有システムのご紹介

AIを活用した保健事業支援サービス

国民の健康増進、医療費の削減などを目的に、保険者には被保険者の傷病発生の防止や早期発見による重症化・長期化を防ぐための保健事業の推進が求められています。AIを活用した保健事業支援サービスは、保健事業を効率的かつ効果的に実施するためのトータルサポートサービスです。

自治体DXへの日立グループの取り組み

誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化をめざし、住民・職員・地域の三つのデジタル化を中心に各種サービスの拡充を進めています。安心して暮らせる住みやすいまちづくりの実現に向けた日立グループの取り組みをご紹介しました。

自治体DXへの日立グループの取り組み

自治体DXへの日立グループの取り組み

開催概要

地方自治情報化推進フェアオンライン  [終了しました]

地方自治情報化推進フェアオンライン
イベント名 地方自治情報化推進フェアオンライン
会期 2021年1月27日(水曜日)10時00分〜
2021年2月19日(金曜日)17時00分 [終了しました]
主催 地方公共団体情報システム機構

本フェアに関するお問い合わせを受け付けております

お問い合わせ