ページの本文へ

Hitachi

企業情報サステナビリティ

  1. サイトトップ
  2. SDGsへの貢献
  3. 水BUとSDGsのかかわり

水BUとSDGsのかかわり

水ビジネスユニット
世界中の人々に安定した水の供給と
衛生を実現する
執行役常務
水ビジネスユニットCEO
浦瀬 賢治

増大する水資源の需要に日立の総合力で応える

水ビジネスユニット (BU) は、気候変動、人口増加、経済規模の拡大や都市化の進展に伴い急速に高まる水需要に対応するため、水インフラ事業に取り組んでいます。水処理施設の監視制御や運転管理などを担うOT (制御・運用技術) と、IoTや解析技術を用いた広域水運用などに代表されるITの両システムを融合して、浄水場、下水処理場および水の再利用設備などの重要インフラ施設を含めた、水環境トータルソリューションをグローバルに提供しています。
水インフラ事業は事業をとりまく自然および社会環境から大きな影響を受けます。事業を通じて社会課題解決に貢献するためには、まず、地形や気候変動などの自然環境に起因する洪水や干ばつなどの課題をしっかりと把握する必要があります。課題は地域によって大きく異なり、例えば開発途上国ではこういった自然環境の影響による水不足への対策や衛生に配慮した質の高い水供給へのニーズ、日本を含む先進国では社会環境の変化に伴う水インフラの効率的な運用や老朽化対応、排水水質への配慮などのニーズが大きくなっています。
かつて、水インフラ事業は、水不足の地域に用水路や水処理設備などを整備するプラント建設事業が中心でしたが、現在では安全な水を安定して供給するための監視・制御システムの構築など運用・保守の分野へのニーズも高まっています。日本国内では既存の施設の更新とともに、日立ならではのOTとITを融合させたシステムの普及を図っていきます。一方、海外では、政府援助に基づいた浄水・下水処理設備など基礎的な水インフラの整備などのほか、渇水地域を対象とした海水淡水化プラントなどの開発・拡大が中心になっていくと考えています。こうした中、日立が長年培ってきたOTは一つの強みになります。今後はIoTやAI (人工知能) を活用して、監視・制御システムなどから取得したデータを解析し、海水淡水化での回収率の向上や、上下水道設備運転の信頼性向上などに反映させ、さらなる成長をめざしていきます。
しかし、効率性のみを追求すると、例えば、海水淡水化で生じる高い塩濃度の排水や使用済の消耗品 (膜や薬品) などの廃棄物が副次的に発生し、事業による環境負荷を増大させるリスクなどが生じます。一方、途上国など電力供給が不安定な地域では、停電による運転停止の可能性も考慮する必要があります。こうした私たちの事業が環境に与えるリスクや、現地の状況から事業が受けるリスクに備えるには、「OT×IT×プロダクト」という日立の強みでグループ全体の総合力を生かしたソリューションの提供をさらに進めるとともに、政府、自治体をはじめとするステークホルダーとの関係構築が重要だと考えます。ともに産業・流通・水分野を形成するインダストリアルプロダクツBU、産業・流通BUと連携して、新しい製品や設備を提供するだけでなく、長期的な視点で設備の更新や保守サービスまで行うことで、人々の生活を支える循環型ビジネスをめざします。
例えば、イラクのバスラでは日本政府の援助プログラムの一環として淡水化の給水所の増設工事を請け負っています。イラクでは戦争復興の一環として水と電力インフラ整備が社会的課題となっています。そういった仕事にかかわることに誇りを感じながら取り組んでいます。

BU全体で目標6達成に貢献

SDGsとの関係でいえば、水BUの事業は主に目標6の達成に直結しており、注力すべき目標です。グローバルに安定的な水の供給を実現していく過程で、水インフラを整備する際に目標9、目標13にも寄与できると考えています。また、あらゆる地域で安定して水を供給していくためには、地域に密着した技術者の存在がカギとなります。日立は南アフリカにおいて水にかかわる若手技術者の育成に携わるなど、目標4にかかわる活動も進めています。
現在は、より具体的な貢献策について検討を進めており、目標達成期限の2030年に向けて事業の持続可能な発展をめざしていきます。2018年度、当BUには17人の新入社員が配属されましたが、グローバル水環境事業に携わりたいという若手従業員も増えています。彼らのような若手の活躍の場を広げることも、私の使命だと感じています。そして、SDGsへの貢献を含む日立のサステナビリティ経営に貢献できるBUをめざそうと呼びかけています。

(このインタビューの情報は、2018年9月現在のものです)

貢献するSDGs

  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
目標6に貢献するイラク・バスラに建設中の大型淡水化プラント