ページの本文へ

Hitachi

企業情報サステナビリティ

  1. サイトトップ
  2. SDGsへの貢献
  3. 産業・流通BUとSDGsのかかわり

産業・流通BUとSDGsのかかわり

産業・流通ビジネスユニット
生産年齢人口が減少する時代のニーズに
イノベーションで応える
執行役常務
産業・流通ビジネスユニットCEO
阿部 淳

IoTを活用して熟練者の技術をグローバルに継承

産業・流通ビジネスユニット (BU) では、産業・流通事業の領域において、日立ならではのOT×IT×プロダクトを強みにさまざまなデジタルソリューションを提供しています。特に、スマートマニュファクチャリングやロジスティクスソリューション、メンテナンス&リペアなどの高付加価値サービスに成長事業として注力しています。
産業・流通の事業領域に大きく影響する社会課題の一つとして、生産年齢人口の減少が挙げられますが、これは日本だけの問題ではなく、中国や欧州でも少子高齢化が進み、労働力確保は難しくなっています。こうした状況に対応するため、生産や物流の現場で効率化・省人化が求められているほか、女性や高齢者、外国人など労働力の多様化にも対応する必要が生じています。
日立も含めてかつての製造業には、良いモノをつくれば売れるという時代があり、既存の設備をうまく使い、稼働率を上げることによる価値の創出が求められてきました。しかし、新しい設備やシステムを導入して自動化したとしても、モノづくりには熟練者の技術・知識が必要な面があり、彼らの経験や知恵が日本のモノづくりの強みとなってきました。こうしたベテラン世代に引退の時期が迫っている現在、熟練者の技能伝承も一つの課題となっています。
当BUでは、こうした課題に応えるためのソリューションの開発は、社会やお客様の課題解決への取り組みであると同時に、新たな事業機会になると捉えています。
例えば、保守・サービスの分野では、工場の設備のメンテナンスは稼働率向上のために重要ですが、修理を担当する作業員の技能によって差が大きくなります。作業員の経験が浅いと、必要な部品が不足していたり、短期間で再修理が必要になったりといった問題が発生します。熟練者の過去の修理データを蓄積し、AIを活用して分析することで故障原因をいち早く特定し、ムダのない修理を可能にします。また、熟練技術者の技能伝承では、IoTを活用して熟練技能を収集・デジタル化することで、お客様の効率的な技能の底上げとグローバル人財の育成、品質の向上を支援していきます。
産業・流通BUの特徴は、製造からロジスティクス、保守・サービスにいたるバリューチェーン全体をつなぐことで、全体最適化を実現できることです。個々の現場で効率化に取り組む企業は多いものの、バリューチェーン全体で見ると効果が小さいという例も珍しくありません。日立のAIやアナリティクスを活用したソリューションは、こうした課題の解決に貢献できると考えています。また、日立グループ内でこうしたソリューションを先行して活用し、成果を確認してからお客様に提供できることも、日立のアドバンテージです。
事業を拡大することで、生産量の増加による温室効果ガスや産業廃棄物の増大といったリスクも生じますが、その対策として、当BUでは、生産計画の最適化、品質向上、環境負荷低減の基盤づくりを推進していきます。すでに、大みか事業所の高効率生産モデルや、オークマ株式会社、ダイキン工業株式会社との協創で実用化したスマートマニュファクチャリングなどで、成果が上がっています。
日立グループの幅広い事業領域の中では、当BUが提供するデジタルソリューションは、事業環境の変化や技術の進展が激しい分野であり、私たちがグループ内で先頭を切って新しい事業や技術に取り組み、そこで学んだ結果を他BUにも波及させていきたいと思います。

バリューチェーンの全体最適化で目標9の達成に貢献

お客様のSDGsに対する関心が高まっているのを強く感じています。こうした意識の徹底に向けて人財を育成していくことが私の使命だと思っています。
当BUは、SDGsにおける目標9の達成に注力しています。製造に加えて、ロジスティクス、保守・サービスと幅広い事業分野でお客様の課題解決に寄与するソリューションを提供することで、事業の社会・環境価値をさらに高め、目標7、目標8、目標12、目標13の達成に向けても取り組んでいきます。

(このインタビューの情報は、2018年9月現在のものです)

貢献するSDGs

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
お客様の事業をサポートして目標9に貢献するデジタルソリューション

  • ダイキン工業株式会社のろう付け技能訓練支援システム

  • オークマ株式会社の進捗・稼働状況監視システム