ページの本文へ

Hitachi

企業情報サステナビリティ

  1. サイトトップ
  2. SDGsへの貢献
  3. ビルシステムBUとSDGsのかかわり

ビルシステムBUとSDGsのかかわり

ビルシステムビジネスユニット
安全・安心・快適な都市を実現する
製品・サービスを提供
執行役専務
ビルシステムビジネスユニットCEO
関 秀明

都市化や高齢化の急激な進行に対応できるビルサービス

ビルシステムビジネスユニット (BU) が提供する製品・サービスは、昇降機を中心として、ビルにおいて最もエネルギーを使用する空調や、照明、セキュリティシステムなどのビル設備管理サービスです。
私たちのBUが認識している社会課題としては、都市化が進んだ国・地域における設備の老朽化や、少子高齢化を背景とした人手不足、気候変動に伴う自然災害の多発などがあります。その中で、以前から関心の高かった、昇降機や空調、照明などのビル設備の省エネルギー化に加えて、世界的に安全・安心・快適といった領域への関心が高まっており、当BUにとっての事業機会となっています。
昇降機は、利用者の皆様にとって空気のような存在かもしれませんが、いったん止まると健康な人でも地上から10階以上まで上がるのは非常に難しくなります。特に高齢化が進む現代においては、昇降機は止めてはならないものなのです。また、世界的に高層化が進むビルにおいて、ストレスを和らげ、安全性を高める昇降機の開発を進めており、中国では世界最高速の分速1,260mのエレベーターが実用化される予定です。そういう点で、私たちが提供する製品およびサービスは、すべての人が安全・安心・快適に暮らせる、強靭で持続可能なまちづくりに不可欠であり、SDGs達成に貢献するものと考えています。
私たちは、日本において20年以上前から昇降機やさまざまなビル設備をネットワークでつないで得られたデータを活用することに取り組んできました。一般のマンションに設置されたエレベーターも日立のデータセンターにつながっており、24時間見守っています。昇降機のデータを蓄積・解析することで、故障の予兆をつかみ、止まる前に修理することで、止めてはならないエレベーターを守り、皆様の生活への影響を防いでいます。
私たちのBUで蓄積したデータの活用としては、日立のヒューマノイドロボット「EMIEW3」によるサービスのビジネス化にも取り組んでいます。空港や鉄道ターミナル駅などで実証実験を実施していますが、海外からのお客様が増える中で、人手が不足しがちな案内のサポート業務を通じて社会のダイバーシティ&インクルージョンに貢献できるはずです。他にも、日立のIoTプラットフォームLumadaを活用し、来場者分析による施設価値の向上、人流解析を活用したスマートな移動の実現など、お客様に合わせたスマートビルディングサービスの提供によって、大きく事業を拡大していきたいと思います。
当BUの事業がグローバルに拡大する一方、事業が社会・環境に与えるリスクの増大についても認識しています。例えば、日本以外の地域で事業を行う上では、現地の法制度や文化・慣習を正しく把握し、適切な雇用関係や労働安全衛生を徹底するとともに、バリューチェーン全体でそれぞれの地域の環境規制を遵守しています。
また、社会・環境から当BUの事業が受けるリスクの中で、避けることができないものとして、大規模な地震などの自然災害があります。災害時の停止台数の迅速な把握、閉じ込めの早期復旧などの広域災害訓練を実施し、不測の事態に備えています。また、昇降機は便利な乗り物ですが、一つ間違えると大きな事故につながる危険性があります。子どもたちに正しく安全な乗り方を伝えることも重要だと考え、国内外の事業拠点で啓発活動を長年実施しています。

安全・安心・快適な昇降機やビルサービスで
持続可能なまちづくりに貢献

SDGs達成について当BUでは目標11に注力しています。まちづくりというとディベロッパーを思い起こされるかもしれませんが、私たちは都市そのものを建設するのではなく、まちづくりに不可欠な安全・安心・快適な製品、サービスを提供することで持続可能な都市の実現に貢献していきます。また、環境保全や技術革新に努め、目標9、目標13にも継続的に取り組んでいきます。そのほか、グローバルでの事業拡大により地域での雇用を創出し、またIoTやAIの活用による業務の効率化、働き方改革の推進により、目標8にも貢献していきます。SDGsへの考え方をBUの従業員全員で共有し、社会課題解決に貢献しながら持続可能な社会の実現に向けて前進することで、自然に事業の成長につながると考えています。

(このインタビューの情報は、2018年9月現在のものです)

貢献するSDGs

  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
目標11達成に貢献するスマートビルディングサービス