ページの本文へ

Hitachi

企業情報サステナビリティ

参画している主なイニシアティブ・団体

国連グローバル・コンパクト

THE GLOBAL COMPACT

日立製作所は2009年2月、国連が提唱するグローバル・コンパクトに正式加盟しました。私たちが今後もグローバル企業として成長し続けるためには、その礎となる企業基盤も、国や地域の法律・ルールを超え、国際的に認知されたグローバル・スタンダードを満たしたものである必要があり、国連グローバル・コンパクトの10原則を尊重し、実現していくことが経営基盤の強化につながると考えています。
また、2018年度はグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンの「人権教育分科会」「サプライチェーン分科会」「SDGs分科会」などの7つの分科会に日立から参加しました。

国連グローバル・コンパクトの10原則

国連グローバル・コンパクトの10原則
人権 原則1: 人権擁護の支持と尊重
原則2: 人権侵害への非加担
労働 原則3: 結社の自由と団体交渉権の承認
原則4: 強制労働の排除
原則5: 児童労働の実効的な廃止
原則6: 雇用と職業の差別撤廃
環境 原則7: 環境問題の予防的アプローチ
原則8: 環境に対する責任のイニシアティブ
原則9: 環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止 原則10: 強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み

持続可能な発展のための世界経済人会議 (WBCSD)

wbcsd member

持続可能な発展のための世界経済人会議 (WBCSD) は、ビジネス、環境、社会の持続可能な未来を創造するために、世界約200の先進企業の最高経営責任者(CEO) が主導する組織です。日立製作所は1995年から参加しています。

気候関連財務情報開示タスクフォース (TCFD)

TCFD TASK FORCE ON CLIMATE-RELATED FINANCIAL DISCLOSURES

気候関連のリスクと機会についての情報開示を促すために金融安定理事会が設置した「気候関連財務情報開示タスクフォース (TCFD)」に対して、日立は2018年6月に賛同を表明しています。

気候変動イニシアティブ (JCI)

JAPAN CLIMATE INITIATIVE

JCI (Japan Climate Initiative)は、日本における気候変動対策に積極的に取り組む企業や自治体、NGOなどの情報発信や意見交換を強化するためのゆるやかなネットワークです。日立は2018年のJCI設立時から参加しています。

Business for Social Responsibility (BSR)

BSR

BSRは、1992年に設立されたCSRに関する国際的なNPOです。全世界250社を超える会員企業や外部パートナーとともに、グローバルなネットワークを通じて、公正で持続可能な世界の構築に向けて活動しています。日立は2007年に入会、2016年度より同団体が主催する人権分科会にも参加しています。

サステナビリティレポート ダウンロード