ページの本文へ

日立製作所女子陸上競技部

Hitachi

第1章 総則

第1条 (趣旨)

この規約は日立製作所女子陸上競技部の後援会の運営等について定める。

第2条 (名称)

この後援会の名称は「日立製作所女子陸上競技部後援会」(以下、後援会)という。

第3条 (目的)

この規約は日立製作所女子陸上競技部の振興に寄与することにより、明るく活力に満ちた気風を醸成することを目的とする。

第2章 事業

第4条 (事業)

後援会は目的達成のため次の事業を行う。
(1) 後援会の活動目標に関すること。
(2) 規約の改廃に関すること。
(3) 予算、決算、会費に関すること。
(4) 役員の改選に関すること。
(5) 会報の発行に関すること。
(6) 会員相互の親睦に関すること。
(7) 陸上競技部への支援に関すること。
(8) 応援、行事、動員に関すること。
(9) その他

第3章 会員

第5条 (構成)

後援会は次の会員をもって構成する。
(1) 会員
(2) 法人会員

第6条 (加入資格)

(1) 会員は日立製作所従業員及び関連会社従業員の加入希望者とする。
(2) 法人会員は企業、団体、組合等、各種法人単位の加入希望者とする。

第7条 (加入)

加入に関しては、別に定める様式により、事務局へ提出しなければならない。

第8条 (退会)

会員が後援会を退会する場合は別に定める様式により事務局に提出しなければならない。退会した場合、既納の会費は返却しないものとする。

第4章 組織

第9条 (事務局)

後援会の事務局は(ビル)総務部(庶務グループ)におく。

第5章 役員

第10条 (役員)

後援会に次の役員をおく。
(1) 顧問 若干名
(2) 会長 1名
(3) 副会長 4名
(4) 代表幹事 若干名
(5) 職場幹事 若干名
(6) 応援部長 1名
(7) 経理部長 1名
(8) 経理部員 1名
(9) 会計監査 1名
(10) 事務局長 1名
(11) 事務局 若干名

第11条 (選出)

役員の選出は次による。
(1) 顧問は総務担当役員、労組執行委員長とする。
(2) 会長は本部長相当職とする。
(3) 副会長および代表幹事は会長が指名する。
(4) 職場幹事は各職場より選出とする。
(5) 応援部長は総務教育担当課長とする。
(6) 経理部長は財務課長相当職とする。
(7) 会計監査は課長相当職とする。
(8) 事務局長は総務課長相当職とする。

第12条 (任務)

役員の任務は次のとおりとする。
(1) 会長は後援会を代表し、これを統轄する。
(2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
(3) 幹事長は会務を主宰し、後援会の運営および運営委員会を統轄する。
(4) 副幹事長は幹事長を補佐し、幹事長に事故ある時はその職務を代行する。
(5) 職場幹事は自職場の各種応援纏め、応援の企画運営、壮行会の準備等を行う
(6) 応援部長は各種競技会および壮行会等の応援団組織を統轄する。
(7) 経理部長は後援会会費の予算・決算等経理に関わる一切を行う。
(8) 会計監査は会計を監査する。
(9) 事務局長は事務局を統轄し、幹事長との連絡、調整に当る。

第13条 (任期)

役員の任期は4月1日から翌々年3月31日までの2ヵ年とし、留任を妨げない。但し、補欠により就任した役員の任期は前任者の残任期間とする。

第6章 機関

第14条 (機関)

後援会は次の機関をおく。
(1) 幹事会

第15条 (幹事会)

幹事会は副会長以下役員をもって構成し、副会長が招集し、次の事項を審議する。
(1) 後援会の活動目標に関すること。
(2) 規約の改廃に関すること。
(3) 予算、決算、会費に関すること。
(4) 役員の改選に関すること。
(5) 会報の発行に関すること。
(6) 会員相互の親睦に関すること。
(7) 陸上競技部への支援に関すること。
(8) 応援、行事、動員に関すること。
(9) その他

第7章 会費

第16条 (会費)

後援会の事業を遂行するため、会員から次の会費を徴収する。
(1) 会員は月額1口100円以上とする。
(2) 法人会員は年額1口10,000円以上とする。

第17条 (納入)

会員会費は6ヶ月分/年2回、6月と12月に給与控除するものとする。

法人会費は年1回行う各法人への依頼を基に、後援会の銀行口座に振り込むものとする。

第8章 会計

第18条 (運営費)

後援会の運営費は、会費、寄付金をもってこれに充てる。

第19条 (預入れ)

後援会の資金は銀行に預入れるものとする。

第20条 (会計年度)

後援会の会計年度は4月1日から翌年3月31日の年1期とする。

第21条 (監査)

決算にあたっては会計監査の承認を得なければならない。

第22条 (決算報告)

決算報告は前年度分を新年度発行の広報誌に掲載するものとする。

第9章 付則

第23条 (規約外事項)

本規約に定めていないことは、幹事会の意見を尊重して会長が決定する。

第24条 (実施期日)

この規約は平成21年4月1日から実施する。