ヘッダをスキップ

印刷用

日立製作所野球部 第76回都市対抗野球大会 獅子旗奪取に向けて

日立トップページへ

検索 by Google

本大会についてイメージ画像

ホーム > 本大会について > 試合結果 > 第76回都市対抗野球本戦 第2回戦

日立製作所 対 JR東日本

8月27日(土) 東京ドーム(東京)

スコア
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 2 0 0 0 3 0 0 0 5
JR東日本 1 0 0 1 1 0 1 0 0 4
詳細
バッテリー 荻野・小出・山口・平井−高倉
本塁打 神谷 (6回2ラン)
二塁打 鈴木 (2回) 寺田 (6回)

メンバー

1.センター 丸山
2.サード 寺田
3.セカンド 村山
4.ファースト 田中
5.DH 神谷
6.レフト 斎藤
7.ライト 鈴木
8.キャッチャー 高倉
9.ショート 北村

試合詳細

9回裏

先頭代打の新井山、見逃三振でワンアウト。続く7番良島サードゴロであと一人。代打西小野を見逃三振に仕留めゲームセット。5−4で日立の勝利。

9回表

先頭神谷一ゴロ。代打武部ショートへの内野安打。1死一塁。代走は白見。JR・投手斉藤に交代。7番鈴木の打席で白見二盗に成功。鈴木は二安で1死一二塁。8番高倉遊ゴロで2死二三塁に。JR・投手山本に交代。しかし9番北村は見逃三振に倒れ惜しいチャンスを逃した。

8回裏

日立・投手山口に交代。2番市場にセカンド内野安打を許す。続く中尾に犠打を決められ1死二塁。ここで日立・投手平井に交代。4番片岡は遊ゴロで2死二塁。続く池原ライトフライでチェンジ。

8回表

先頭2番寺田は見逃三振。3番村山は二ゴロ。4番田中は二ゴロに倒れ、この回の攻撃を終了した。

7回裏

先頭の代打良島にレフトへ本塁打され、5−4に。8番沢は二飛で1死。代打五十嵐は見逃三振。1番石川は一塁ファールフライに抑えチェンジ。

7回表

先頭7番鈴木ショートへの内野安打で出塁。続く高倉は送りバントを決め1死二塁。9番北村は中飛に倒れ2死二塁に。1番末岡はいい当たりだったがセカンドライナーに倒れ、攻撃を終了した。

6回裏

先頭4番片岡ライトフライ。5番池原空振三振。6番関はレフトフライに抑え3者凡退。

6回表

1死後2番寺田がレフト線に2塁打を放ち1死二塁のチャンス。3番村山は中飛に倒れ2死二塁に。ここで4番田中はライトへタイムリーヒットを放ち寺田が生還。3−3の同点に。さらに5番神谷がライトへ2点本塁打を放ち、5−3と逆転した。

5回裏

日立・投手小出に交代。先頭の9番寺内を空振三振。1番石川も空振三振。しかし2番市場にライトへ本塁打され1点を勝ち越された。2−3に。続く中尾は一ゴロに抑え、チェンジとなった。

5回表

先頭7番鈴木見逃三振。8番高倉見逃三振。9番北村も見逃三振に倒れ、攻撃を終了した。

4回裏

先頭の5番池原にライトへヒット。続く関にバントを決められ1死二塁。7番小野田は空振三振で2死二塁に。ここで8番沢にセンター前へ運ばれ、ランナー還って2−2の同点に追いつかれた。送球の間に打者走者は二塁を欲張り、タッチアウトにした。

4回表

先頭の4番田中は鋭い当たりだったがライトライナー。5番神谷は見逃三振。続く矢萩も見逃三振に倒れ、攻撃を終了した。

3回裏

先頭の1番石川にライト前へポテンヒットを許す。続く市場にバントを決められ1死二塁に。3番中尾はセカンド内野安打で1死一三塁とピンチが拡大。しかし4番片岡をショートゴロ併殺に仕留め、無失点で切り抜けた。

3回表

先頭の1番丸山は空振三振。2番寺田はサードゴロ。3番村山はフェンス前まで飛ばしたがセンターフライに倒れ、この回の攻撃を終了した。

2回裏

先頭の5番池原一ゴロ。6番関は空振三振。7番小野田には死球を与え2死一塁。8番澤に中安を許し、2死一二塁のピンチ。しかし9番寺内を空振三振に仕留め、ピンチを脱出した。

2回表

先頭の4番田中センター前ヒットで出塁。続く神谷はバント失敗で捕飛となり1死一塁に。6番矢萩はライト前ヒットを放ち、1死一二塁のチャンス。ここで鈴木が右中間2塁打を放ち、二人のランナーが生還。2−1と逆転した。後続倒れこの回の攻撃を終了した。

1回裏

1番石川サードゴロ。2番市場ライトフライ。簡単に2死を取ったが、3番中尾にバックスクリーンへ一発を放り込まれ1失点。4番片岡ライトフライでこの回の攻撃を終了した。

1回表

1番丸山空振三振。2番寺田ライトフライ。3番村山空振三振。ランナーを出すことなく、初回の攻撃を終了した。

免責事項や著作権など