本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

山岡

入社動機

学生時代はヒューマンインタフェース関連の研究を行っており、日本のモノづくりに貢献し、自分の研究を生かせる仕事に携わりたいと考えていました。
その中で、学生時代は小金井に住んでいて、出身が富山だったこともあり、当社に縁を感じて調べたことがきっかけです。
プロセス制御やロボット制御技術などのあらゆる分野が集約し、世界トップレベルの半導体製造装置に興味を持ち、その中で自分の研究を生かし、さらに未知の分野に挑戦したいという思いから当社で働きたいと考え、入社しました。

仕事内容

仕事内容

私は開発装置のソフトウエア設計を担当し、主に操作画面の開発・設計に従事しています。 半導体製造装置のソフトウエアシステム開発は、私の担当する操作画面だけでなく、プロセス制御や、搬送するためのモーター等の制御を行うロボット制御、温度や圧力といったプロセスの制御を行う組み込みソフトウエアも含まれるため、半導体製造装置のシステムの開発をする場合には、チームで完成させます。
また、最近は開発装置のチームリーダーとなり、顧客や社内の要望をヒアリングする機会が増え、またメンバーの方の作業方針やガイドラインなどを改善するなど、新たな仕事をする機会が増えてきました。

仕事の面白さ・醍醐味

当社は設計・開発から、調達・製造までを一貫して行っているため、実際に自分の開発したソフトウエアが半導体製造装置として動作することを確認できる環境であることは魅力の一つだと思います。実際に装置でシステムが動いている様子を見ると感動し、それはやりがいにつながっています。また、使用感や不具合など、ダイレクトにフィードバックがもらえるのも、非常に勉強になっています。

仕事で苦労する点

プロセス制御やロボット制御技術などが集約した大規模なシステムであるため、個々の要素技術から装置全体のことまで、さまざまなことに関して、まだまだ勉強不足である点で苦労しています。
社内の講習会に出席するなど自分で勉強するだけでなく、先輩社員の方から教わり、さまざまな知識を習得するように、日々心がけています。

印象に残っている仕事

新規開発装置の実機評価を初めて行う場に立ち会う機会がありました。
他部署の方々を含め、多数の方と評価を進める中で、うまく動作しないなどのトラブルが何度も発生しましたが、最終的に、自分たちの作成したソフトウエアをインストールした開発装置が無事動作して、評価完了することができたときはとても感動しました。

今後の目標

今以上により良い製品をお客さまや皆さんへ提供できるように、日々勉強して成長していきたいと考えています。
知識・経験を増やしていき、お客さまや他部署からの技術的な質問や要望に対して1人で対応できるようになることが、今の目標です。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

子どもが生まれてからは、子どもと一緒に遊ぶ時間が多くなりました。
日々、新しい言葉や行動を覚えて成長していく子どもの姿を見て、自分も子どもに負けないように新しい知識取得や新しい領域へ挑戦し、成長したいと感じています。

一日のスケジュール

8:00 出社:メールチェック・一日の作業内容整理
8:30 始業
9:00 設計業務: 設計書作成 /プログラム作成/テスト
12:00 昼食:同期と食堂で昼食
12:45 昼礼:部全体昼礼、グループ昼礼
13:00 設計業務: 設計書作成 /プログラム作成/テスト
19:00 退社

同じ職種の先輩