本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

橋本

会社情報を見る

ひとつのプロジェクトを完遂し、みんなで喜びを分かち合うことが仕事の醍醐味だと感じます

入社動機

私は就職活動を行う中で、自分が学んできた知識を存分に活かすことができる会社への就職を希望していました。当社に就職して、自分が学んできた構造力学や材料力学の知識が業務に活かされていると感じます。また、会社生活で最も重要なのは、周りの方々との関係性だと思います。当社は温かみのある方が多く、馴染みやすい会社だと感じます。

仕事内容

原子力発電プラントにおける配管サポート(支持構造物)の設計・製作が主な業務です。配管サポートは、発電所内の重要機器である配管の自重、熱膨張、地震力などによる移動を拘束または制限するために設置します。設計仕様に適した配管サポート配置や構造計画、材料選定が必要であり、構造力学や材料力学の知識を活用しています。
私は現在、見積作成、設計方針および工程立案、構造計画、強度検討、図面作成から製品納入まで一貫した業務に携わっています。社会的に責任のある仕事であり、かつ、社会インフラの基盤である発電に関わる非常にやりがいのある仕事です。

仕事の面白さ・醍醐味

計画設計から実際に製品が施工されるまで、一貫した業務を経験することができるため、非常にやりがいを感じています。また、多くの関連会社と連携して業務を行っており、その上で、チーム一丸となって、ひとつのプロジェクトを完遂し、みんなで喜びを分かち合えることが当社の仕事の醍醐味だと感じます。

仕事で苦労する点

「仕事の優先決め」が重要だと感じます。一人で仕事をしているのではなく、多くの方とのつながりで仕事は進んでいくからです。入社当初は自分の中で整理がつかず苦労しましたが、先輩方の行動を参考にし、経験を積むことで適切な判断ができるようになりました。

印象に残っている仕事

配管・配管サポートの耐震性向上に伴う、既設配管サポートの健全性評価業務が印象に残っています。評価対象物の量が非常に多く、高品質かつ約束した納期を守るために新たな評価システムの導入や新たな関連会社との連携を経て業務を完遂できたことが貴重な経験であり、達成感は今でも印象に残っています。

オフの過ごし方

休日は、家族と買い物に行ったり、友人と仕事やスポーツの話題で語り合っています。今後もオフの時間を大切にし、メリハリのある社会人生活を送りたいと思います。

一日のスケジュール

8:30 出社、メールチェック、スケジュール確認
8:50 グループミーティング、ラインミーティング
9:00 設計計画書や図面などの書類確認、強度評価結果の確認
12:00 昼休憩
13:00 午後の業務開始、お客様への説明資料作成
15:00 定期的にお客様とのミーティング
17:20 定時(必要に応じて残業、ナイトミーティング)

同じ職種の先輩