本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

井阪

会社情報を見る

RPAによる業務改革サービスをお客様へ売り込み、日立も自身も成長させる

仕事内容

RPAとは、ルールエンジン、AI、機械学習など仮想的なロボットを利用し主にホワイトカラー業務を効率化、自動化する取組みのこと。最近では金融機関や保険業界をはじめ日立を含む様々な企業での導入が相次いで発表されています。当社は人事業務に関してオペレーションとIT両面でシェアードサービスを展開しており、RPAにより当社業務を自動化・効率化しています。また、2018年4月からはそのノウハウを駆使して、日立グループ各社の業務にRPAを導入するサービスを開始します。私はこの事業の立ち上げを担当しており、実際にお客様に要件をヒアリングしたり、その解決策を検討したり、RPAの自動化処理を実装したりしています。

仕事の面白さ・醍醐味

今回のRPA事業では従来の標準化したサービスではなく最新技術を用いた各社の業務をそのまま自動化できるサービスを売りにしており、訪問したすべてのお客様から「こういうサービスがほしかった!」「当社の効率化をぜひ実現してほしい!」という声を頂戴しています。サービス提供者として、こうした大きな期待はプレッシャーではあるものの非常に励みになっており、RPAによってお客様の業務革新を必ず実現させようという強いモチベーションを感じています。
また、事業自体の立ち上げができることもなかなか味わえない醍醐味です。

仕事で苦労する点

お客様の課題を抽出するためのヒアリング能力、前提となる業務知識、システム設計&実装スキル、既存システムへの理解など、システムエンジニアとしての総合力が必要な点です。RPAで中途半端に自動化するとよけいに複雑になり使えないものになる恐れがあるため、業務やお客様の作業を把握した上で適切に自動化する必要があります。加えて、すでにあるシステムには手を入れずRPAの自動化の仕組みを実現することの技術的な難しさもあります。成果を最大化するために様々な観点で検討しなければならないのが苦労する点であり、また楽しい点でもあります。

今後の目標

法改正や新しい人事制度の導入などで、業務は常に変わっていくものですので、RPAによる自動化も一度やって終わりではなく常に最新化する必要があります。こうしたRPA処理の保守運用はもちろんのこと、お客様に対する抜本的な業務最適化の提案といったコンサルティングに近い活動や、人事業務以外への適用の推進などによって、日立グループの業務革新に貢献していきたいです。
また、今回のRPA事業でお客様とかかわる部分からシステムづくりまで担当することでシステムエンジニアの楽しさを再確認できましたので、自分自身のスキルも磨いていきたいです。

オフの過ごし方

休日は仕事のことを忘れてしっかり休み、5歳の息子、3歳の娘と遊んでいます。
土曜日は息子の習い事の送り迎え、日曜日は家族で買い物や大きな公園に行くなどして過ごしています。
子どもたちの喜ぶ顔を見て私自身もリフレッシュでき、月曜日からの仕事に臨んでいます。

一日のスケジュール

8:50 出社、今日やることやメールの確認
10:00 お客様オフィスで要件ヒアリング
11:45 昼休憩
12:30 ヒアリングしたお客様要件のレビュー
14:00 新システム開発のレビュー
15:00 RPA処理の開発ルールのレビュー
16:00 RPA処理の実装
18:00 退社

同じ職種の先輩