本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

渋沢

会社情報を見る

入社動機

専攻が流体力学だったので、空気の流れに携わる空調メーカーで働きたいと考えていました。大手メーカーでは、福利厚生などの制度は大きく変わらないと感じ、選ぶポイントとして、先輩社員の生の意見を重視しました。他社の先輩社員は業務の説明だけでしたが、当社の先輩社員は職場の雰囲気、同期同僚との付き合い、プライベートなど、業務以外のことも教えくれ、「会社生活が楽しそう」と思えたことが入社の決め手となりました。

仕事内容

仕事内容

製品を設計する部署はどこでも必ず資料を作成しますが、その資料づくりに苦労しています。他部署に説明する際には、「初めて見た人でもわかりやすい資料」とするため簡潔に作成しなければなりません。
自分なりにわかりやすく資料を作成したつもりでも、先輩から何度もNGが出ます。作成した資料を客観的にみる能力や、何が必要で何が必要でないのかを判断する能力が、まだまだ足りていないと感じます。
もちろんこの紹介文も、最初に書いたものに修正が入ってから最終稿として提出しています(笑)。

仕事の面白さ・醍醐味

担当している部品の試験が合格となった時に、面白さを感じます。
旧モデルを参考に解析などを用いて検討していても、実機試験を行うと、思い通りにいかないことが多くあります。その原因を究明し解決すると、また別の部分から不具合が発生する。その繰り返しですが、一つひとつ問題を解決していくことが面白いと感じます。

仕事で苦労する点

製品設計する部署は必ず資料を作成するため、資料づくりに苦労します。他部署に説明する際、「初めて見た人でもわかりやすい資料」が必要となります。自分では、わかりやすく資料を作成したつもりでも、先輩から何度もNGが出ます。客観的にみる能力、必要・不必要なものを判断する能力が、まだ足りていないと感じます。

印象に残っている仕事

入社2年目の終わりに、研修員論文発表があります。担当製品の中でテーマを選択し、研究・発表を行います。論文提出の際、部長に却下されたり、締切直前に内容が大幅変更になったりもしましたが、なんとか乗り越えることができました。当時は辛く感じましたが、今では「あの時より辛いものはないな」と思えるようになりました。また、この経験を通じ、同期とはお互い励ましあい、苦労を分かち合い、より一層親睦が深まったと感じています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

事業所の同期や先輩、後輩との飲み会で、仕事について熱い話をしたりしています。また、ゴルフを始め、目標は会社コンペでの優勝です。フットサルもしていますが、静岡の40代のおじさんサッカーがうまく、驚きです。

一日のスケジュール

7:30 起床、朝食:朝はご飯派です。
8:20 出社:新人だから早く来いという文化はありません。
8:30 グループ内打合せ:イベント連絡や業務の進捗状況の確認。
9:00 担当部品の検討:試験を行う場合は試験場へいき、品質保証部の方と打合せ。
12:15 昼食:食堂で同期と一緒にご飯を食べています。
13:00 担当部品の検討:試験の途中経過から、対策等を検討していく。
20:00 退社:退社前に次の日に終わらせる仕事をメモ。
21:00 プライベート:ゴルフの練習。ついつい行ってしまいます。
22:00 夕飯:最近は外食が増えてしまいました。

同じ職種の先輩