本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

岩本

会社情報を見る

見て、聞いて、察する。

入社動機

私はもともとIT業界を志望していたわけではありません。学生時代は農学部に在籍していましたので、そこで学んだ知識を活かせる食品業界で、「お客様の持つ課題をあらゆる方法を用いて解決する提案型の営業」の仕事がしたいと考えていました。しかしある日、たまたまIT企業の説明会に参加し、この業界こそ、自分の望む仕事ができるのではないかと感じました。そのIT業界の中でも、多様なソリューションを提供するノウハウと、広大な活躍フィールドを持つ日立システムズが、私のやりたい提案型の営業を思う存分できるのではと思い、入社を決意しました。

仕事内容

仕事内容

複数のお客様を担当し、主にインフラを中心としたアウトソーシング、BPOに関するプロジェクト対応や提案活動を行っています。こうした営業の仕事をしていて特に大切だと考えているのが、お客様の声に耳を傾けること。ある工場系のお客様の案件で、工場内のシステム全体を入れ替えるという大規模なプロジェクトがあったのですが、作業本番当日はお客様も作業に立ち会いがありますので、長い時間お客様と一緒に過ごすことになりました。そうすると、すぐそばで一緒にいることで、お客様が感じているご不満や細かいご要望が直に伝わってきたんです。それをすぐに技術の責任者に逐一伝え、対応を改善しながらプロジェクトを完遂。言葉にならないお客様の“心の声”に、耳を傾けることも大切なのだと気づかされる体験でした。

仕事の面白さ・醍醐味

お客様の願いを、自らが考えた提案で叶える。そうしたことで得られる達成感は、一からお客様と関係性を築き上げ、唯一無二のパートナーとして、様々なお困りごとを解決できる営業ならではだと思います。また、お客様と関わるたびに、自分にできることが一つづつ増えていくのは、成長の実感もできて、モチベーションは上がりますね。

仕事で苦労する点

こちらサイドの“やりやすさ”を優先したものではなく、お客様のご要望をできる限り満たした提案内容にすること。もちろんご要望のすべてにお応えできるわけではありませんので、その場合は代替策の提案も必ず行うようにしています。

印象に残っている仕事

まさに営業の醍醐味とも言える大逆転勝利!という経験があります。お客様が私たちの他に2社ほど声をかけられていたコンペ案件での出来事。提案が進んでいくにつれ、お客様の気持ちが他社に傾きかけていました。しかし、次第にその案件の難しさが浮き彫りに。他社がしり込みする中、「私たちは逃げませんよ」という姿勢を貫いたのです。それこそ、2日に1度はお客様の元に足を運び、次第にお客様も「うちのことを見てくれているんですね」と、評価していただくように。結果は見事勝利。営業のおもしろさを実感できた経験でした。

今後の目標

お客様が社内リソースを使い事務業務を行うのではなく、全てBPOでHISYSに任せていただき、お客様は本業で会社の利益を出すような活動をするお手伝いをしたいと思っています。そのためにも「お客様目線」を磨き、お客様は今何が気になっているのか、何に対して困っているのか、それらに対し、日立システムズには何ができるのか、考え続けていきます。

オフの過ごし方

旦那さんと一緒に映画を見に行ったり、テニスをしたりします。学生のころはパラグライダーサークルに入り活動していたので、基本的にアクティブに過ごすのが好きですね。

一日のスケジュール

9:00 顧客先の近辺で、ノートPCを開いてメールのチェック。1日の予定確認や、時間刻みでの計画を立てます。
9:30 お客様との打ち合わせ。見積を説明したり、今後の新しい提案をしたりします。
11:30 早目のランチ。時間があるときは、外出先近辺で美味しいお店を探します。
13:00 設計さんのいる拠点に移動して、今進めている新規の提案の進め方や、提案書内容についての打ち合わせ。
15:00 会社の自席に戻って、午前中の打ち合わせの社内フィードバックや、今後のスケジュールを立てます。
16:00 明日訪問するお客様に提出する資料の作成。
19:00 帰宅!自分の時間を過ごせるのは、毎日元気に仕事をするためにもありがたいです。

同じ職種の先輩