本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

岡田

会社情報を見る

新製品の開発を完了させることが今の目標。常に新しい技術で、世界に誇れるような流量計を開発する。

入社動機

私は大学時代、切換弁と呼ばれる流体の経路を切り換える装置内部の流体の流れを、コンピュータを使用した流体解析ソフトによって解析し、明らかにするという研究をしていました。その様な研究の中で流体力学や流体解析の面白さに惹かれ、流体制御および流量計測機器を製造する会社に就職したいと思っていました。
入社した動機は、当社の事業内容の説明の中で、当社がガソリンや都市ガスの制御および計測機器を製造していることを知り、入社後は製品設計や開発の中で大学で学んだ機械工学および流体解析の知識を十分に活かせると知ったからです。

仕事内容

都市ガスの流量を測る流量計の新製品開発を担当しており、機械(メカ)の設計が主な仕事です。 1日の仕事の流れは製品開発の進捗状況によって変わってきますが、仕事の内容は試作品の設計⇒図面の作成⇒試作品の製作⇒試験および性能評価⇒レビュー⇒試作品の設計(改善案)⇒図面の作成⇒……となっております。当社の製品が出来上がるまでの大まかな流れは、開発計画⇒構想設計⇒開発試作⇒生産試作⇒製品完成となっております。
設計部だけでなく、他部署(資材、製造、生産技術、工務、品質保証)の方と常に協議しながら、仕事を進めていきます。

仕事の面白さ・醍醐味

自分が設計したものが、形になり世の中に出ていくことが魅力的だと思います。自分達で考え、苦労して図面を作成したものが出来上がり、世の中に出て社会インフラを支えていると実感したとき大きな喜びになりました。また開発の中では次々に分からない現象や技術的課題が出てきます。そういった課題を1つ1つ潰していくこと、わからない現象を明らかにしていくことは、自分のスキルが上がることと同じで面白いです。

仕事で苦労する点

新しいものを開発していると常に自分の理解できない現象や動作が発生します。なぜそういうことが起きるのか論理的に考えることが必要になりますが、自分の得意分野でない知識も多く使うため苦労します。そういうときは原点に立ち戻って考え直すことがしばしばあり、大学で学んだこと活かすため、大学の教科書やノートを手元に持っています。

印象に残っている仕事

入社6ヶ月目でまかされた流量計の下流側に取り付ける短管の設計です。
お客様の要望により、現地の配管に合わせ、且つバルブを新しく取り付けた短管を設計するという内容でした。現場実習を終え、設計に配属されたばかりの私はCADの使い方や図面の書き方があまり分かりませんでしたが、先輩方が丁寧に教えてくれました。また、自分自身ではJISおよび設計資料を読み配管設計の仕方を学びました。お客様から頂いた現地配管の図面から、機器の取り付け位置を決め、何とか設計することが出来ました。入社直後から責任のある仕事を任され、仕事を達成する喜びを味わうことが出来ました。

今後の目標

先ずは、現在担当している製品の開発を完了させることが目標です。
流量計を設計するということはメカ、エレキ、ソフトの知識の他、法律・法令に関する知識も必要とします。そういった知識を積極的に吸収すると共に、大学で学んできた流体解析等の知識を活かして開発を進めていきたいと考えています。

オフの過ごし方

最近は社内の登山グループに参加し、登山を楽しんでいます。主に南アルプスを登っており、南アルプスでは登山の他、ボランティア活動として高山植物の保護活動にも参加しています。自然の中で過ごすことによって気持ちをリフレッシュ出来るとともに、仲間とのコミュニケーションが広がります。

一日のスケジュール

8:00~9:00 グループミーティング
9:00~9:30 メールチェック
9:30~12:00 図面の作成、試作品の実験
12:00~13:00 昼休み
13:00~14:00 図面や実験結果のレビュー
14:00~17:00 改善案を盛り込んだ試作品の設計および手配
17:00~19:00 会議資料の作成

同じ職種の先輩