本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

飯塚

会社情報を見る

目の前で考えが形になっていく 手触りのあるものづくりを。

入社動機

もともと車が大好き。見るのも乗るもの好きで、将来は車に関係のある仕事がしたいと望み、大学・大学院での専攻も車に関係した学問を選択していました。日立オートモティブシステムズを選んだのは、エンジンやブレーキなど、まさに車の動きをつかさどる部分を自分たちで研究・開発している企業で働きたいと考えていたから。イチから課題に応え、素材から製品に変えていくことに、強い興味を抱いていた私にとってはあらゆる車に自分の技術が搭載できることに大きな喜びを感じます。

仕事内容

燃料系に関する制御のシステム設計を行っています。流れとしては要求に対してどのように制御するかを設計し、部内や顧客とレビューを行い修正等を重ねて承認を得られたらそのシステムに必要なソフトの設計を発注しています。一番のミッションとしては自分の考えたシステムの妥当性を理解してもらえるように検討を重ねて資料等を作成し承認をもらうところにあると考えています。

仕事の面白さ・醍醐味

この仕事のやりがいはなんといっても、自分が考えたものを自分の手で製品として形にしていけることだと思います。たとえばほかの企業から買ってきたものを、組み合わせて何かをつくるだけなら誰でもできるもの。そうではなくて、イチからお客様や自社内の課題解決を考え、自分の考えを取り入れてものをつくりあげていきたい。製品が世に出るところまで育てていくことが私のやりがいであるし、さらに自分がかかわったものが広く使われているということがモチベーションとなり、これからもよりよいものをめざせるのだと感じています。

仕事で苦労する点

日程管理です。限られた時間の中で抱えている業務をこなすことが今一番苦労しています。そのため常に業務ごとに優先順位をつけて効率よく仕事することを心がけています。業務は多くの方と係って行っているため、一つの業務が遅れることで多くの方に迷惑をかけてしまいます。出来る限りそうならないように日々業務に取り組んでいます。

印象に残っている仕事

1つ目は現場の先輩と数時間にわたって試作品に関することで意見をぶつけ合ったことです。互いに納得するまでとことん話し合ったのでとても疲れましたが今では楽しい思い出です。
2つ目は初めて今の職場にてシステム設計を行ったことです。今までハード側の立場でハード設計を行ってきて、初めてシステム側の立場となってシステム設計を行ったとき、今まで視野が狭まっていたのだと改めて痛感しました。

今後の目標

短期的な目標としては英語のスキルアップ、中期的な目標としては元々ハード設計だった私に制御設計のスキルを身につけるチャンスを頂いたので制御とハード両方の設計ができる技術者になることです。

オフの過ごし方

仕事終わりは時間があればジムに行ったりしています。休日は会社の同期や友人とスポーツや旅行に出かけていることがほとんどです。また、会社内のバスケット部に所属しているため練習や試合に行ったりしています。

一日のスケジュール

7:40 出社、メールチェック
8:00 朝礼(ラジオ体操)、現場巡回
9:00 事務所内にて資料作成
10:00 顧客との定例打合せ
12:15 昼食
13:00 他部署との打合せ
14:00 開発関係の打合せ
15:00 手持ち業務対応
17:00 退社(業務が残っていれば残業)

同じ職種の先輩