本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

トゥルプティ

会社情報を見る

日系グローバル企業の変革の中心で海外とも連携し、真にグローバルに成長できる機会だと思い、入社しました

入社動機

元々心理学分野の出身で大学院では人材開発や組織開発を学習しており、「職場の人」のポテンシャルを発揮する組織開発に非常に興味を持っております。
入社前はインドで2年間半仕事をしておりましたが、そこで仕事と母国は物足りなく感じ、海外で幅広い仕事をしたいと言う熱意を持ち、インドから日本への転職活動を始めました。いくつかのリクルーターに履歴書を送り、面接が決まった際に、スカイプなどウェブの面接よりも実際にお会いしてお話をした方が判断しやすいと思い、貯金を使い切って2回も日本に面接のためにやってきました。
日立グループの人事施策は日本だけでなく海外からも注目されており、日系グローバル企業の変革の中心に位置する人事部に起きる様々なことを体験しながら海外とも連携し、真にグローバルに成長できる機会だと思い、入社しました。

仕事内容

従来の人事部における採用・給与計算等の活動とは異なったことをしております。日立グループの色々なグローバル人事施策を当社の国内・海外(計120社強)に導入・実施・結果分析する仕事をしており、国内・海外グループ会社に対する人事監査、年2回で各グループ会社の人員及び人件費の計画もしております。
日立グループの施策ですが、例えばグローバルパフォーマンスマネージメントで自分の目標を会社の目標に繋げられる制度運営や、グローバルグレーディングと言う役職の重みを計算する格付け作業や、従業員のエンゲージメントを計るグローバル従業員サーベイやグローバル報酬マネージメント等多岐に渡る施策を継続的に実施しております。
日頃の業務は具体的にデータを準備し、プロジェクト内容によっては海外の人事担当者に連絡し、新規展開・定期更新などを依頼し、回収して精査しプロジェクトの進捗を確認することです。

仕事の面白さ・醍醐味

組織が人のポテンシャルを最大限発揮させるのに当たり、第一歩は現状把握・分析です。今取り組んでいるプロジェクトの分析を行う上で、制度構築により作業効率化、従業員のモチベーション向上、社内風土の改善等の変化が肌で感じます。共に問題点も明らかになり、対策の方向性が見えてきております。
人事の仕事は遣り甲斐がない、thankless job等良く聞きますが、会社の中軸にある人事部署こそ適切な仕組みで社員の成長への道を開けることができます。急激に変わる世の中に適して会社を変える力を人事部署は持っており、人が元気良く貢献できる、自分の成長を実現できる環境を提供し、社員の能力を最大限に引き出すのは大きなやりがいです。
そして個人的に嬉しいことは、会ったことのない第三国の人事マネージャや社長が、プロジェクト成果を語り、自分の仕事を評価し、褒めて下さることです。

仕事で苦労する点

従来の人事部署より一歩先の戦略を立てる仕事であるため、考える事が多く、色々な角度から物事を考え全体像を把握・他国の事情を推測しながら仕事に取り組まなければなりません。また、人事施策の効果が直ぐに見えず、長いスパンでゴールを設定し、途中に成果を図りながらコースを変える、速度を変えることもあります。
そして日本の文化にグローバル戦略を合わせることも非常に難しいです。
今我々が取り組んでいるグローバルな人事施策の導入を進めていく上で、時には日本の文化が壁となることもあります。例えば日本企業はチームやグループで調和を保ちながら仕事を進める一方、グローバル企業は個人一人一人の目標を設定し進捗共に成果を評価しますが、グローバル日系企業としては、グローバルな施策と古き良き日本の文化がバランス良く共存する仕組み作りが難しいです。

印象に残っている仕事

「人事施策は展開や企画にもまして浸透が大事」と言う大事な気づきができたエピソードが一番印象に残っています。
この気づきのきっかけは、実は入社時に倉庫で行った現場実習でした。
海外の企業では、人事の専門性を高めるのであれば、なかなか現場は体験できませんが、様々な雇用形態で働いてくれる現場の人の立場や環境を考慮するのは人事としていかに大事なのかを肌で感じました。
デスクに座っていくら海外展開の企画等をしたとしても、人事施策を実現する場所は「現場」であることは今も自分のビジョンになっています。

今後の目標

今では日本とインドの職場の違いや社内異文化が分かるようになっており、次の目標はヨーロッパの職場環境について詳しく知りたいと思います。
進歩的なダイバーシティー及び高い識字率、優れたワークライフバランスのある欧州地域における当社拠点の独特な人事施策等が大変興味深く思います。
近々欧州への出張も期待しております。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

料理をしないと落ち着かないタイプな人間ですので一人暮らしでも殆ど毎日何かしらを作って食べています。
友人を呼んで家でお喋りしながらのんびりするのも大好きです。
そして天気がよければ必ずランニングやお散歩・サイクリングしに出かけます。
公園や動物園によく行きますが、日本のお寺や神社は特に魅力を感じます。
週末は必ず映画一本、ランニング5キロ、友人と食事と睡眠補充で極力充実するようにしていますが、もう少し趣味を増やしたいと思います。

一日のスケジュール

8:30 出社 日程確認
9:00 メールチェック及びタスク管理(重要度を設定)
10:00 重要度高い作業
11:00 気分転換にメールチェック・日によってミーティング
12:00 昼食
13:00 引き続き作業継続
14:00 優先順位チェックし、期日に合わせて作業調整
15:00 回覧資料、ネットで記事を閲覧・作業継続
16:00 メールチェック、翌日、翌週の予定設定

同じ職種の先輩