本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

全

会社情報を見る

100社以上の日立グループ会社がお客様なので、その経験は自分の成長につながったと思っています

入社動機

学生の頃は情報学を専攻しておりましたが、様々な従業員の方と係わり合いが持てる人事のお仕事についても興味がありました。
就職活動する中で、日立が多様な事業を展開していることを知り、その中でもIT技術を利用して、日立グループへ人事ソリューション事業を展開している当社の情報を知り、志望に至りました。
また当初リクルータを担当してくださった方が、熱心に私の相談に乗っていただいたこともあり、その誠実さから日立への入社を決意いたしました。

仕事内容

現在当社では、日立グループ会社における人事給与業務の集約化を進めており、ますますグループ全体の業務効率化が求められる中、当社で提供しているシステムの効率化を進めるための、システム開発業務に従事しております。
開発パートナーとともにシステムを改修するための要件作成、改修内容についてのレビュー、システムリリースまでの業務をしており、特にオフショア開発案件については、海外パートナーともテレビ会議などを通して、開発業務をしております。
また、システム開発のみならず、システム運用・業務運用の両方の観点から、運用コストを削減するための施策立案にも携わっております。

仕事の面白さ・醍醐味

当社では日立グループの人事情報を管理していることから、昨今重要視されている個人情報の取扱いについて、当社でも厳しい施策がとられております。
セキュリティを重視することにより、業務の効率性が損なわれる面も多々あり、その厳しい状況の中でも、なおも効率化を求めて進めて行かなければならない厳しさにやりがいを感じております。

また、システム運用・業務運用・システム開発が当社で実施できるので、多様なバックグラウンドを持った人たちとお仕事ができるところが面白いと思います。100社以上の日立グループ会社がお客様なので、全国津々浦々、様々な方々とお仕事をしていたこともあり、その経験は自分の成長につながったと思っております。 

仕事で苦労する点

業務内容が多義に渡っていて、かつ難しい点だと思います。当社では日立グループにおける人事・給与・福利・社保・税務などの業務を取り扱っており、それぞれに専門知識が必要になるため、その要件をシステムに落とし込むための高いスキルが必要となるので、その知識習得に時間を要するところだと思います。
また、システム仕様も複雑であるため、チーム内での仕様レビューについても時間を要します。

印象に残っている仕事

入社1年目で携わったシステム切替プロジェクトです。
入社して間もなかったことから、当時は「プロジェクト」という言葉の意味もわからず、システムへの理解もできていない状態でした。
また、関係者も多かったことから毎日が新しいことばかりで、プロジェクト時には非常に辛い思いをしましたが、最後のリリース時には関係者が一丸となって達成した経験をしました。

関係者が協力し合って物事を達成すること、そのためには自らのフットワークを生かし関係者と深くかかわりあうこと。
その当時に培った信条は、今でも自分の仕事で生きていると思っております。

今後の目標

「『辛い』を『楽しい』に変えられる人。」

どんなに自分の仕事が忙しくなったとしても、笑って仕事ができる人間になりたいです。
また、その姿が後輩の見本となって、成長してもらいたいと思ってます。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

基本、外にいます。
ジムに行く、バレーボールをする、友達と飲みに行く、散歩して、美味しいものを食べる。
疲れたらたまに銭湯に行き、心を落ち着かせたい時は、家のベランダでぼーっとする。

旅行もよく行きますが、出身が関西で、京都にも住んでいたことから年に5回以上は行ってます(帰ってます)。
春は桜、夏は汗が滲み出る暑さ、秋は紅葉、冬は凍えるような寒さを毎年楽しみたいからです。

一日のスケジュール

8:00 出社
8:30 一日のタスクを確認。メールの確認
9:00 設計書確認
10:00 設計書のレビュー(確認内容のフィードバック)
12:00 お昼ごはん
13:00 仕様調査
15:00 提案資料作成
18:00 飲み会

同じ職種の先輩