本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

吉澤

私が担当しているシステムが多くの人の生活を支えていることが一番の励みになっています

入社動機

外部での企業説明会で、「インフラの日立」というキーワードを知り、日立製作所に興味を持ったことがきっかけです。
大学時代に情報工学を専攻していたため、システムの設計・開発に携わる仕事がしたいと考えており、インフラという人々の生活に欠かせない重要なシステムに関わる仕事がしたいと思いました。

仕事内容

鉄道運行管理システムの設計・開発を担当しています。
特に私の部署では、東京圏の運行管理システムという1つの大規模システムに対して、新規装置の開発や既設装置のリプレースなど、様々なサブシステムを設計・開発し続けています。
運行管理システムは、列車運行に支障が出ないよう、制御システムとしての性能だけでなく、お客様(ユーザー)にとって操作しやすいことや、時には鉄道設備の保守・点検を行うお客様の安全を担保することなどが求められます。

仕事の面白さ・醍醐味

私が担当しているシステムが多くの人の生活を支えていることが一番の励みになっています。
鉄道運行管理システムは社会インフラを支えるシステムの1つとして、システムを使用するユーザーだけでなく、電車を利用する全ての人たちの生活を支えています。
私は日々の業務において、自分が設計・開発しているサブシステムの延長上に、人々が安心して正確で安全な電車を利用できているんだと自負しながら仕事を進めています。

仕事で苦労する点

私の部署が開発するシステムは、異なる機能をもった装置が集まって、1つの大規模システムを構成しています。
そのため、ネットワーク、基盤システム、制御装置などの仕組みや、プログラミング言語、一般的な情報技術など、幅広い知識が必要です。
また、システム開発に携わる人も100人単位でいるため、色んな人とのコミュニケーションが重要だと感じています。
私1人だけでは仕事が進められないということを常に実感し、できるだけ狭い範囲の知識・交流にならないよう、日々心がけています。

印象に残っている仕事

印象に残っているエピソードは、入社2年目頃に私が開発に携わった装置を海外の方に対して英語でプレゼンしたときです。
お客様ではない外部の方にアピールする機会が少ない上に、英語で話すことがほとんどないため、当日はとても緊張しました。事前にリハーサルや練習を行っていたものの、当日はリハーサル通りに行かないこともありましたが極力慌てないよう心がけ、若手が堂々と元気にプレゼンしていたと好評を頂くことができました。

今後の目標

一連の設計業務を経験し、プロジェクトを進める上で必要な知識・技術を身に付けることです。
特に、担当レベルでの業務習得に留まらず、プロジェクトリーダーとしてのスキルや、後輩への指導など、幅広く対応することで、どんな業務でもこなせる人財になりたいと思っています。

オフの過ごし方

休日は、家で映画を見たり、本を読んだりして、のんびりしています。
オフは基本的に身体を休めることが多いですが、定期的に旅行に行くことで気持ちをリフレッシュしています。

一日のスケジュール

8:30 出社。まずはメールチェックをし、返信対応。その後、当日行う仕事の洗い出し、優先順位をつけて仕事に取り掛かる準備を行う
9:00 チーム内のミーティング(毎朝10分程度)。その日の予定をメンバー間で共有
10:00 デスクワーク。設計ドキュメントの作成、合間にメール返信
12:00 昼休憩
13:00 チーム内のミーティング。現在の進捗報告及び懸案等をメンバー間で共有
14:00 作成したドキュメントに対するレビュー
15:00 デスクワーク。設計ドキュメントの修正
20:00 退社

同じ職種の先輩