本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

上本

会社情報を見る

CAD上で設計した物が実際に形になる点は、今まで経験したことが無いため、難しさと共に面白さを感じます

入社動機

建設機械やクレーンなど、大型製品の機械設計に関わりたいと思い就職活動を行っていたところ、大学にてこの会社を紹介して頂きました。
天井クレーンについては、ほとんど知識がありませんでしたが、調べていく内にモノづくりに関わる幅広い分野で使用される製品であることが分かりました。
長期に渡って使用される製品であり、やりがいを持って仕事が出来ると感じ、入社を決意しました。

仕事内容

天井クレーンの設計業務を行っています。現在の作業内容は、設計計算を行いCADを用いた図面作成、購入品の手配などです。
設計グループでは図面作成だけでなく、製品の見積もりから顧客との打合せ、製品納入時の立会いなどを行っており、担当する製品の納入まで密接に関わることが出来る仕事です。

仕事の面白さ・醍醐味

CAD上で設計した物が実際に形になる点です。今まで経験したことが無いため、難しさと共に面白さを感じます。
設計した構造によって製作難易度が変わるため、作業性の良い構造を考えることも必要となります。
また、納入後の整備性も考える必要があり、今まで学ばなかったものづくりの知識を深めることが出来る事も面白い点です。

仕事で苦労する点

機械設計の専門的な知識が必要であり、大学で学んだ内容だけでは分からない部分も多くあります。
また、天井クレーン独自の構造規格や安全規則など遵守しなければならない法規もあるため、日々知識の習得に苦労しております。
分からない部分は上長と相談し、経験談も合わせて教えて頂くことで自分でイメージしながら理解するように心掛けています。

印象に残っている仕事

研修期間中に、実際にクレーンが使われている納入先にてクレーンの操業を見学しました。
重量のある物を運んでいる割には自分の想像よりも動きが早く、過酷な使用状況であることに衝撃を受けました。
製品は社内基準によって高い安全率で設計されていますが、その理由を痛感することが出来ました。

今後の目標

経験や知識を深め、自分で判断して設計業務が出来るようになる事です。現在は先輩方に頼る場面が多く、自信を持って判断出来ない部分が多くあります。
お客様や他部署からの問合せにも自分で判断し、スピード感を持って対応できるようになりたいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

関東に就職した友人とライブを観に行ったり、飲みに行くなどして過ごしています。
車好きであるため、モーターショーなど車のイベントがある場合は欠かさず行っています。
地元からは遠いですが、都内から比較的近い場所であるため、退屈することなく過ごしています。

一日のスケジュール

8:45 出社、メールチェック、朝礼
9:00 設計業務
12:00 昼食
13:00 設計業務、グループミーティング(週一回)
17:20 退社(仕事がある場合は残業を行う)

同じ職種の先輩