本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

益田

会社情報を見る

現場サービス員の手によって実現していく光景を目の当たりにして、改めて営業業務が仕事の基盤をつくり上げていることを実感しました

入社動機

学校では公共政策について学びましたが、その最中に東日本大震災を被災地近くで経験しました。
被災後のしばらくの間、電気・ガス・水道の供給が滞り、また下水道やごみ処理施設が停止したことで、人々の日常生活の基盤となる、社会インフラの健全な維持が重要であることを理解しました。
日立プラントメカニクスは、官公庁(ごみ処理施設等)から民間(産業プラント系)の幅広いお客様に対して、高い技術力に裏付けられた製品とアフターサービスを供給することにより、社会インフラを支えていることを知り、興味を持ちました。

仕事内容

官公庁が主なお客様であり、天井クレーン本体や部品の納入、既納品に関する保守点検修理や機能向上提案を行いますが、「お客様からの依頼がある場合」と「当社から修理改善の提案を行う場合」があります。お客様との綿密な打合せの上で工事請負に関する見積書を作成して契約を目指し、契約後は、工事請負契約で要求される関連図書や書類を作成し提出します。工事を実行する工場部門に手配を依頼しますが、確認したお客様のご要望等を工場へ適確に伝えることも重要な仕事です。

仕事の面白さ・醍醐味

天井クレーンの稼働が停止すると、官公庁納めのごみ処理設備等では地域住民の生活に支障が生じ、また民間納めの設備では企業の生産活動が停止して多大な損失が発生することに繋がります。既納品の運転状況に関してお客様と連携し、適切な保守点検を実施することにより設備の寿命を延ばすことも可能になるので、緊張感ややりがいのある仕事であると感じています。

仕事で苦労する点

お客様との打合せや見積書を作成する際に、経験年数の短い自分にとっては専門用語が多くて苦労しています。インターネットで調べたり、先輩社員や工場の方々に教えて頂き、頑張っています。
官公庁の仕事は提出書類が多く、案件の都度に提出しなければならないので、誤字脱字や記載内容を間違えないよう、気を遣っています。

印象に残っている仕事

ごみ処理場に納めた天井クレーンの年次点検に初めて参加したことが、強く印象に残っています。
自分が取り扱う製品を間近で見学できたことに加えて、営業がお客様と打合せし、纏めてきた契約内容が当社の現場サービス員の手によって実現していく光景を目の当たりにして、改めて営業業務が仕事の基盤をつくり上げていることを実感しました。お客様の要望を正確に社内展開しないと契約作業に支障を来すことを理解し、身も心も引き締まったことが忘れられません。

今後の目標

営業は、お客様のご要望を把握し、的確な解決策を速やかに提案できなければなりません。製品に関する専門知識を深め、お客様との円滑な会話ができる、信頼される一人前の営業になることです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

週末は、友人と皇居や手賀沼周辺にあるランニングコースを走っています。元々、身体を動かすことが好きで、地元のマラソン大会に出場する事も考えています。

一日のスケジュール

9:00 ラジオ体操・朝会の後、業務を開始します
10:00 お客様からのメール・電話対応
12:00 昼食
13:00 お客様訪問
15:00 帰社(お客様との打合せ内容を議事録にまとめます)
16:00 デスクワーク(入札書類や見積書等の作成)
17:30 退社

同じ職種の先輩