本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

野林

会社情報を見る

システムが無事稼働した時に「ありがとう」「期待以上だよ」と喜んでいただけることが何よりのモチベーションとなっています

入社動機

大学でプログラミングを少し勉強していたので、その知識を生かせる仕事に就きたいと考えていました。
日立ハイシステム21では会社説明会や面接で若手社員の方と会話したする機会が他社より多くあったのですが、そこで社員同士の距離が・風通しの良さを感じ入社の希望をしました。
あとは職場が横浜というのも動機の一つです。

仕事内容

入社以来、産業系のシステム開発を行う部署に所属しています。
現在は、家電量販店などに設置される、写真プリント機(スマホの写真を印刷したり、写真を使ってアルバムを作成したりできる機器)のアプリケーション開発を担当しています。
私は8名のメンバーからなるプロジェクトのリーダーという立場で、お客様であるカメラメーカーさんとは、定期的に打合せを繰り返し、現状の課題を共有・解決しています。タッチパネル操作が可能な画面に切り替えたり、新機能を追加したり、順次システムを更新していく必要があるので、お客様のタイムリーな課題に耳を傾けることがとても重要です。

仕事の面白さ・醍醐味

プロジェクトをやり遂げた時、自分が開発に携わったシステムを街中で目にした時、などやりがいを感じる場面は多々ありますが、やはり一番の原動力はお客様からの「ありがとう」という言葉ですね。
お客様と接する中で、時には厳しい言葉をいただくこともありますが、システムが無事稼働した時に「ありがとう」「期待以上だよ」と喜んでいただけることが何よりのモチベーションとなっています。

仕事で苦労する点

技術の進歩がとても速い業界なので、新しい技術がどんどん出てくることが、楽しさでもあり苦労でもあります。
お客様から新技術について何か質問を受けた時に、その場で即答できるくらいの知識やスキルを持ち合わせていたいと思うのですが、そうはいかないこともしばしば。。。
現在は、定期的にプロジェクト内での勉強会を開催し、自分自身やチームメンバーのスキルアップを図っています!

印象に残っている仕事

入社6年目に担当したプロジェクトでは、中国のIT企業と共同で開発作業を行っていました。
その際もプロジェクトリーダを任されていたのですが、文化の違いや、コミュニケーションをとることの難しさでプロジェクトの推進に苦労したのを覚えています。(例えば「100円以上」という場合、日本では100円は含まれますが、中国だと含まれない。など)
他の国の方と仕事をすることで、「今まで自分が当たり前と思っていたことが当たり前ではない」ということを痛感しましたし、グローバルなチームでのリーダーの在り方についても考える機会が多くありました。大変なプロジェクトではありましたが、今の自分の基礎となっていると思います。

今後の目標

世界規模で、幅広い業種のシステム開発をしていきたいと思っているので、色々な国籍・職種の方と会話し、たくさんの人脈を作っていくことが直近の目標です。
まずは、直接仕事に関連の無い方や、他部署の方とも会話することでコミュニケーション力を高めていきたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

食べ歩きとサービスエリアめぐり。
夏には山にもよく行っています。

一日のスケジュール

9:00 出社、メールチェック
10:00 チームミーティングを実施し、プロジェクトメンバーの状況及びスケジュールの確認
11:00 お客さんとWeb会議
12:00 昼休み
14:00 設計作業、開発作業、レビュー、打合せ
20:00 帰宅

同じ職種の先輩