本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

竹内

会社情報を見る

技術の入れ替わりが激しい業界のニーズを捉えていくのはもちろん、自身のプロジェクトを拡大し、会社にも貢献していけるようになりたい

入社動機

入社前に日立ハイシステム21の先輩社員からのお話を伺っている中で、システムエンジニアとはどういった職業なのかということを丁寧に教えてもらいました。
それまで漠然としたイメージしか持っていなく、システムエンジニアを目指すこと、社会人になることに不安を感じていたのですが、楽しそうに仕事の話をする先輩社員を見て「こんなふうに働きたい!」と前向きになれたことを覚えています。
IT関連の企業はいくつも受験しましたが、その中でも「事業内容」と「人」が魅力的な当社に入社を決めました。

仕事内容

私は現在、損保業界のお客様を担当していて、自動車保険の管理システムを構築しています。
具体的には、全国の自動車販売店にご来店された一般の方が購入の際に加入する保険の見積り作成や、個人情報を管理するシステムの構築です。
この仕事はまずお客様へのヒアリングから始まります。どんな課題があって、どういう機能が欲しいのか、そういった要望をもとに、システムに必要なサーバーを選び、OSを搭載します。そのうえでお客様の要望を満たすソフトウェアを搭載するのですが、その他にも、セキュリティ対策・データ管理など、基盤構築の仕事は多岐に渡ります。

仕事の面白さ・醍醐味

この仕事は関わるメンバーも多く、パソコンと向き合う時間よりも人と接する時間のほうが長いのが特徴です。必ず誰かの助けがあって成り立つ仕事なので、自分自身も可能な限り周りを助け、チームで最高の仕事をしようと心がけています。

仕事で苦労する点

基本的に内勤ですが、パソコンに向かいっぱなしということはなく、チームメンバやお客様とのコミュニケーションを取る機会の多い職場です。面識のない方とメールや電話などでやり取りをすることもあり、どういった状況や目的があって連絡をしていて、何を質問しているのかを分かりやすく伝えることが必要になる場面が多くあります。逆に相手から質問をされた場合は、どういう答えを期待しているのかを正確に読み取り回答しなければいけません。
「伝える」「読み取る」は基本的なことではありますが、まだまだ思うようにいかないケースもあり、更なるスキルアップが必要だと感じています。

印象に残っている仕事

入社5年目ぐらいの時に、あるプロジェクトで20人以上となるチームのサブリーダーを経験しました。それまでは1人か2人の部下を持つことはあったのですが、20人ともなるとどのように管理をしていけば良いのか分からず、精神的・体力的にも追い詰められましたことがありました。
そんな中でも、先輩からの力を借り、工夫して、考えてやっていく中で、何とか無事にプロジェクトを完遂した時の打ち上げでのビールが最高に美味しかったことが忘れられません。

今後の目標

社内外から信頼される技術者になることが目標です。
そのためには、技術の入れ替わりが激しい業界のニーズを捉えていくのはもちろんのこと、人と人との繋がりを大切にし、お客様やチームメンバーとの信頼関係をしっかりと築いていく必要があると考えています。
プロジェクトのリーダーとして、自身のプロジェクトを拡大し、会社にも貢献していけるようになりたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

平日は職場の仲間と飲みに行くことが多いですね。
休日は。。。ありがちですが家族サービスですね(笑)まだ子供が小さいため、公園に遊びに行ったりして家族との時間を大事にしています。
また、季節によっては、同期や学生時代の友人とBBQをしたり、旬のものを食べに遠出したり、スノボに行ったりもしています。

一日のスケジュール

9:00 出社、メールチェック、進捗・課題確認
10:00 設計書作成
12:00 昼休み
13:00 顧客打ち合せの資料準備
14:00 顧客打ち合せ+設計書レビュー
16:00 設計書修正
18:00 帰宅

同じ職種の先輩