本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

熊谷

会社情報を見る

仕様書通りに動作させるのは難しいですが「仕事が成果物として残る」ことは大きな達成感があります

入社動機

SEという職業を選んだきっかけは、高校時代の恩師からのアドバイスです。
当時は介護士を目指していたのですが、恩師から「現場で誰かの役に立つことも素晴らしい仕事だけれど、福祉のシステムを開発すればより多くの人の役に立てるのではないか。」と言われ、「そういった貢献の仕方もあるんだな。面白そうだな。」と思い、SEを選びました。

当社に入社を決めたのは、面接で話した先輩社員や人事、役員がとても話しやすい方々ばかりで「風通しの良い会社」という印象を受けたからです。また、会社の教育制度が充実していることも決め手の一つですね。

仕事内容

自動車関連のシステム開発を行う部署に所属しています。
現在は、自動車販売会社ディーラー様向けのWebアプリケーションの開発に携わっています。
具体的にはエンドユーザのご要望に対して機能拡張や仕様変更を行っており、プログラミングの仕事がメインです。

仕事の面白さ・醍醐味

問題の原因を見つけて修正し、仕様書通りに動作させるのは難しいですが、「自分の取り組んだ仕事が成果物として残る」ことは大きな達成感があります。
また、先日家族が自動車を購入したのですが、後から私がシステム開発を担当している自動車販売会社から購入していたということを知りました。
身近なところで自分の仕事が役立っていることを実感し、改めてやりがいを感じました。

仕事で苦労する点

新人研修を終え、プロジェクトチームに配属されたばかりの頃は、お客様の業界や業務に関する知識、稼動しているシステム、プロジェクトで使われている「用語」など、身につけなければならない知識は多くあり、周りについていくのがやっとでした。
IT業界は技術の進歩が速いですし、また、プロジェクトや担当するシステムによって必要になってくる知識・スキルも異なるため、日々の勉強が欠かせません。大変ではありますが、自分自身が着実にスキルアップしている実感が持てています。

印象に残っている仕事

新人の頃、担当しているシステムでいち早く解決しなければならないトラブルが発生したとき、私は原因の目星がつけらずに慌ててしまい、冷静に対応することが出来ませんでした。
先輩達が臨機応変に対応をしているのを目の当たりにし、自分が情けなくて落ち込んでしまったのですが、その時に先輩から「私も以前は慌てるだけで何もできなかったよ。最初から完璧に出来る人なんていないんだから、一つ一つ身につけていこう!」と励まされたことがとても印象に残っています。
私も早く先輩のように周りから頼りにされる存在になりたいと思いました。

今後の目標

チームメンバーやお客様から「この人と一緒に働きたい!」「この人に仕事を頼みたい!」と思ってもらえるようなSEになることです。
そのためには、ITに関する技術はもちろん、お客様の業界や業務に関する知識、コミュニケーション力など色々なものが必要だと思うので、一つ一つ着実に身につけていきたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日はリフレッシュできるよう、好きなことを思いっきりするようにしています。
主に会社の同期や大学の友人、先輩と遊びに行くことが多いです。
最近は、カメラ仲間とお花畑がある公園に行き、一眼レフカメラで写真撮影をしてきました。

一日のスケジュール

9:00 出社、メール・スケジュールチェック
9:30 内部進捗報告会
10:00 システム開発業務(プログラム作成など)
12:00 昼休み
13:00 機能変更内容について打合せ
13:30 システム開発業務を再開(テスト実施、レビューなど)
18:00 帰宅

同じ職種の先輩