本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

孔

会社情報を見る

報告される数値をまとめるだけではなく、結果と原因の分析など、事業を幅広く支えることも重要な役割の一つです

入社動機

入社前は小売業で企画、マーケティングを中心とした海外事業と鉄鋼・化学品などを取扱う総合商社で経営管理の仕事に携わってきましたが、自分の成長に合わせてより活躍できる場を探していました。そこで出会ったのが日立グループで主に家電事業の販売を担っている当社でした。
当社は自分が経験している川中から川下までのビジネスを展開している会社でありますが、自分にとって未経験の家電部門をメインに海外進出も本格的に進めているため、今までの経験を総合的に活用できる会社であると判断し入社を決めました。入社後に感じた社内の雰囲気は大手企業にありがちな部署間の壁や上下関係の厳しさよりは、アットホームな雰囲気で新人でも意見を言いやすく、わきあいあいとした職場で互いに助け合う風土も根付いています。また何よりもやる気さえあれば何でもチャレンジさせてくれる会社なので、これからもいっそう積極的に取り組んでいきたいと思っています。

仕事内容

私の所属する連結決算グループは国内事業と海外販社の実績をまとめ、当社のグループ連結としての数値を出すことがメインの仕事です。その数値は親会社であり、上場会社である日立製作所の連結数値に反映されるため、多くのステークホルダーに影響します。業務の正確さはもちろん、スピードと内容の妥当性の確認も欠かせない部門です。
これに加え、当社の連結決算グループは海外販社の経営管理にも深く関わっています。単に報告される数値をまとめるだけではなく、結果と原因の分析や改善策の提案・サポートに至るまで、海外事業を幅広く支えることも重要な役割の一つです。自分も海外販社実績管理に加わり、経営改善のための財務分析を行っています。仕事の内容上、勤務時間はぴりっとした空気に包まれることもありますが、一つ一つ課題解決に向かって進んでいることが間近で感じられる部門でもあり、大きな経営判断の一翼を担っていると強く感じます。

仕事の面白さ・醍醐味

「財務」と聞くと「堅苦しい、几帳面、暗い」イメージで大半の方が応募したがらない部門かも知れません。また仕事の内容も比較的受け身で、営業部門などが築き上げた数値をまとめるだけのイメージもあると思います。しかし、最近は海外の大企業を含め日本の多くの企業でFinance部門こそ、ビジネス維持・開発の要である、いわゆる花形部門であるという認識が広がっています。この流れに先立って当社財務部は「財務だけではなく、ビジネスの流れがわかる財務」をめざしています。与えられた財務の領域だけではなく、社内全体の動きを把握し、経営に大きな影響を及ぼす事項については必ず参画しています。そのため、当社財務部員には能動的で会社全体を考えるマインドが必須です。要請がなくても財務部自らプロジェクトに加わり、その成功に向けて大きく貢献していくという既存の財務のイメージとかけ離れた仕事が楽しめるのが当社財務部の醍醐味です。

仕事で苦労する点

財務の仕事の一つが決算書の作成ですが、この決算書の数値は経営の過去から現在までの状態を示しており、それぞれが意味を持っています。その意味を正しく把握し対応できなければ、経営陣の経営判断に大きな支障を招いてしまいます。そのため、早くかつ正確に原因分析を行う必要がありますが、その際にはコミュニケーション能力が欠かせません。例えば営業部門の数値分析をするためには該当ビジネスモデルに対し、現場の営業と同等以上の理解が必要ですが、直接担当していない財務部員が常に変わってくるビジネスモデルをその都度把握することは容易ではありません。ここで「聞き出す力」を発揮し、関連部門とやり取りをしながら必要な情報を得て、原因分析につなげることが大事です。社内のみならず当社のビジネスに関わる全てのステークホルダーの立場を考慮しながら、円滑な関係を構築し維持していくことも日頃から心がけておくべき重要な仕事です。

印象に残っている仕事

当社財務部の行事としてAAM(Asia Accounting Meeting)という会議があります。アジア販社の財務担当だけではなく、販社の社長と営業担当なども参加し、当社財務本部長が中心となり財務関連の講義やディスカッションを通じて販社全体の財務的経営手法の底上げを狙うのが目的です。15年の秋には第8回目の会議がベトナムのホーチミンで開かれ、私も初めて出席しましたが、財務担当以外の参加者も相当な財務知識を身に付けて財務部員と同等なディスカッションをしていることには驚きました。日立グループの一員として海外駐在をしているようなメンバーなので当然のことかもしませんが、やはり自分の領域以外にも関心・興味を持って幅広くやっていくべきであることと、ビジネス上での財務スキルの大切さを改めて感じました。

今後の目標

入社動機でもありますが、いずれは海外販社の財務責任者を経て、会社全体の経営をみるCFO候補の一人になりたいという夢をもっています。その際には自分の経験を活かして財務だけではなく、営業やサービス部門等を網羅した部門間の架け橋となり、経営改善に大きく貢献できる財務パーソンをめざしています。その第一ステップとしての海外駐在を実現したいです。長く住んでいた日本を離れ、新しい環境でのチャレンジをすることになりますが、今まで経験できなかったことを多く吸収し、自分の更なる成長に繋げるとともに会社としても欠かせない人財の一人に成長できるようになりたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

子どもが生まれる前までは夫婦で「毎年二人で行ったことのない国へ行く」ことが流行ってましたが、子どもが生まれてからはそれぞれの実家がある韓国と沖縄に行くことが定番になりました。孫達に頻繁に会えない親達も喜んでくれるし、子どもたちも東京から離れて異なる言葉を話しながら異なる食べ物を食べ、異なる環境で遊ぶことを楽しんでいます。私は家族の世話をすることがメインですが、喜んでいる家族を見るとそれが一番癒されます。(完全にパパになりました(笑))。

一日のスケジュール

8:15 出社、1日の予定確認
8:30 財務部 朝の定例ミーティング
10:00 海外販社業績管理打ち合わせ
12:00 昼食
13:00 海外販社決算書分析
16:00 海外販社と電話会議
18:00 1日のまとめと翌日の予定確認
19:00 退社

同じ職種の先輩