本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

又吉

会社情報を見る

製品の開発から販売まで携わるので、設計ではありませんがイチから製品に関わっているという実感があります

入社動機

文系出身ですが「モノづくりに携わることができる会社で働きたい」という思いで就職活動をしていたところ、大学の就職支援センターに募集があるのを見つけたのがこの会社を知ったきっかけでした。
仕事の内容として家電品の開発・販売をしていること、また毎月新製品を提案できる会議があることを知り、自分のやりたいことができる会社だと思い志望しました。

仕事内容

海外のお客様(販売会社)向けの家電品の開発・販売を行っております。当社では自社工場を持っていないため、製造委託先(主に海外の工場)と一緒になって製品を開発しています。
お客様がどのような製品を求めているか、また製造委託先はどのような製品を提供できるのかヒアリングを行い、その結果を踏まえ製品の開発を進めていきます。新製品を初めて生産する際には自らも立ち会い、製品全体の仕上がりや改善点などを品質保証部門と協力して確認します。

また製品開発だけでなく、製品の販売(貿易業務)も行います。生産や出荷日程の調整から貿易に必要な書類の作成、売掛金の回収まで全て自分で行います。最初から最後まで製品に携わることができるやりがいのある仕事だと思っています。

仕事の面白さ・醍醐味

製品の開発から販売まで携わるので、設計ではありませんが一から製品に関わっているという実感はあります。幅広い業務をすることとなりますのでさまざまな知識を身に付けられること、また海外市場の動向やトレンドなどを知ることができるのも興味深い点かと思います。

私の所属している部署は海外営業部のため、自分が開発に携わった製品を市場で見る機会は多くありませんが、海外出張で店舗を訪れた際に見かけた時は嬉しく感じます。

仕事で苦労する点

海外の製造委託先やお客様とのやりとりは主に英語で行いますが、上手くコミュニケーションが取れないこともあります。特に品質や技術に関する話の際は難しい専門用語などが使用されますので、自分で調べたり噛み砕いた表現に変換して理解が正しいかを確認していますが、そこに難しさを感じることも多いです。仕事も英語も勉強の日々です。

印象に残っている仕事

特に印象的だったのは入社3年目の時に一人で行ったサウジアラビアへの出張です。当時、ある製品の販売拡大策をお客様に提案していましたが、中々合意していただけませんでした。そこで訪問の際に改めてお客様に取り組み内容を説明し、最終的に施策に取り組むことに合意をいただきました。英語での私の説明は拙かったかもしれませんが、熱意を持って取り組めば必ず相手に伝わるということが実感できた瞬間でした。

今後の目標

具体的な目標としては、これまで販売したことのない国・地域に製品を販売することです。私の所属している部署では主に中東やアジアの国々に製品を販売しており、製品の横展開も行っておりますが、欧米やCIS、アフリカなど、まだ販売できていない地域も多くあります。現在取り扱っている製品では仕様や機能、価格などが合わないことも考えられますので、地域ごとにどのような製品を開発していくべきかリサーチをし新しい市場をどんどん開拓していきたいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休みの日は基本的に外に出掛けるようにしています。現在は卓球のチームに所属しており、週に一度は仲間達と一緒に汗を流して、また定期的に試合にも出ております。他にはバドミントンやサイクリング、ジョギングなどの運動も行っています。またカラオケも好きで、友人と一緒に行って好きなだけ歌を歌っています。

一日のスケジュール

8:20 出社。メールチェックをして仕事の優先順位を付ける
8:50 始業。出荷する製品の貿易業務(書類作成など)を行う
12:00 昼食
13:00 顧客と出荷中の製品や今後の注文などについてやりとり
15:00 製品開発業務(印刷物関連のデータ作成や必要資料の入手)
17:20 終業。ペンディング事項のフォロー
18:00 海外のお客様とのとメールのやりとり、明日やることを纏める
18:30 退社

同じ職種の先輩