本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

中島

会社情報を見る

自分が関わった太陽光発電システムを目にすると感慨深い気持ちになります

入社動機

大学では電気工学を専攻し、就活では設計開発や研究開発ができる企業が選定基準でした。面接を受けた際に営業が向いているのではとの会話をすることがあり、その方面にも興味を持ち始めました。調べると営業でありながら技術のスキルが必要になるセールスエンジニアという営業職があるということが分かり、技術が武器になる仕事内容が面白いと感じ、積極的にセールスエンジニアでの募集を探すようになりました。その頃にアルバイトで家電量販店の販売員をしていたのですが、日立の担当営業の方に就活の話をした際に、技術営業での募集があると聞き応募しました。

仕事内容

(商材)
太陽光発電システム
(相手商社)
太陽光発電システムを一体化させた屋根材を販売している屋根建材会社へ、太陽光発電システムの機器を納入いただけるよう、提案を行っています。
(付加価値)
競合の海外メーカーとの比較で価格面で負ける場合もありますが、太陽光発電システムは長期で使用するものであり、しっかりとした保証内容や当社ならではの全国網でのサービス体制など、ご購入いただいた後もお客様に安心していただけるポイントを訴求しています。

仕事の面白さ・醍醐味

エンドユーザーへの商談同行・現地調査と打ち合わせ、施工中に安全や品質に問題が起こらないための現場管理、施工完了後に発電に問題がないか確認を行う竣工時点検など、最初から最後まで全ての過程で自分が関わります。納入した機器が無事に運転を行っていることを確認すると安堵感と共に達成感を強く感じます。
また、完成後も設置現場の近くを通る際に、自分が関わった太陽光発電システムを目にすると感慨深い気持ちになります。

仕事で苦労する点

入社より現在まで、メインで取り扱っている商材が太陽光発電システムです。発電システムの構成は電気の知識があったため比較的スムーズに理解することができましたが、実際に設置の際はさらに建築の知識も必要であったため覚えなければならないことがたくさんあり日々勉強でした。現場の仕事は予定外の出来事も起こります。問題に対応するためには経験も必要とされ、忙しい状況でもできるだけ現場に行くように努めました。
また、安全でかつ品質の高い施工をするためには現場管理をしっかり行わなければならないのですが、その際も施工を行う職人のプライドを尊重して折衝を行うところも難しい点でした。

印象に残っている仕事

研修期間中に、施工内容を理解するためには自分達で最初から最後まで取り付けるのが一番理解できるとの意見をいただき、エンジニアリングの方の指導の下、小規模の太陽光発電システムを同期3人で施工を行ったことがありました。座学の研修では理解したつもりでも、実際に墨出しから工具を使って金具の取付、配線の繋ぎこみ、機器の取付などそれぞれのプロセスで資料には記載されていない不明な点がありました。滞りながらもエンジニアリングの方にご指導をいただきながら、何とか設置を完了させることができ、経験の大切さを非常に強く感じました。

今後の目標

今までは施工現場管理に近い業務が多かったのですが、最近は営業職を担当させていただきお客様と直接商談する機会が増えてきました。現場で経験したことがお客様と商談の場面でも活かせる部分もありますが、営業職としてお客様へさまざまな商材の提案をすることがまだ不慣れなため、お客様の要望されるものや求められるものをいち早く提案できるよう営業職としてのスキルを磨いていきたいと思っております。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日はジムに行ったり友達と食事に行ったり冬場はスノボに出かけたりすることが多いです。
また、旅行が趣味なのでお盆や正月など長期休暇がある場合にはバックパックで海外に旅行に出かけたりしています。今の目標は5大陸上陸です。

一日のスケジュール

9:00 出社。メール確認や本日の業務のスケジュールを立てる
9:30 スケジュールを元に業務開始、取引先からの質疑応答。資料作成
12:00 昼食
13:00 取引先に訪問し打合せを行う
16:00 帰社後、見積や発注等の書類作成
17:30 退社

同じ職種の先輩