本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

吉田

会社情報を見る

お客さまの意向を粘り強い姿勢でくみ取り、機能やデザインをシステムに反映することにより、お客さまに満足・感激していただくことが大切です

入社動機

できれば実家から通える会社で働きたいと考えた時に日立グループの会社が真っ先に浮かびました。数あるグループ会社の中で当社を選んだのは合同企業説明会でオープンな雰囲気の良さを感じたことが決め手になりました。

仕事内容

自社製品の「お客様相談センター支援システム」に携わっています。
このシステムを利用いただいているお客さまから「どんな機能が欲しいか」というニーズ、「こんな画面にしたい」という要望を聞いた上で各画面単体でのプログラム設計と製作・テストを担当しています。これまで食品小売業やOA機器販売などのお客さま5、6社のカスタマイズを行ってきました。一度納品したお客さまから、さらに機能追加や改善したいという意向を受けて取り組むこともあります。最近はハードウェアやソフトウェアなどお客さまの動作環境のバージョンアップに合わせ、機能アップすることも多くなっています。

仕事の面白さ・醍醐味

自社製品で「お客さまが抱える問題や悩みを解決する」というソリューション事業に携わり、お客さまからの反応に直に触れることができる点です。

仕事で苦労する点

お客さまからこれまでに例が無いものを求められた時、その機能を実現するための知識や経験が不足していた時には入念な調査が必要になり、毎回苦労します。お客さまのコールセンターに直接出向いて初めてわかることも多く、オペレータの使い勝手の良さなどを考えて画面構成を組んでいくこともあります。お客さまの要求に合わせ、どうやったらそれを実現できるのかを考えていくことは大変ですが、その筋道を考えて提案に納得していただけた時は「これでいける」という気持ちになります。お客さまの意向を粘り強い姿勢でくみ取り、機能やデザインをシステムに反映することによりお客さまに満足・感激していただくことが大切ですね。

印象に残っている仕事

私が担当した案件の導入時に、デザイン性の良さをお客さまに実感していただき、さらに「見やすくなった」「使いやすくなった」という言葉で返ってきた時には大きな喜びを感じました。また最近も大手メーカーの大規模改修があったのですが、女性に身近な商品を扱っている会社だっただけに、多くの利用者からの注文や声を拾うコールセンターをサポートできる重要性も感じました。

今後の目標

担当している「お客様相談センター支援システム」はこれまでコールセンター向けが主でしたが、今後はFAQ(Frequently Asked Questions)機能などを活用することで一般的なサービス業や医療・福祉サービス、給食サービスなど、幅広い分野に評価される汎用的なパッケージ製品に育てていきたいと思います。また、個人的には英語を習得し、将来は海外向けにも広められたら最高です。

オフの過ごし方

休日は洋画・邦画・アニメなどあらゆるジャンルの映画を観に行ったり、近所をのんびり散歩したりして過ごします。食事や買物も大好きなので、外出していることが多いです。

一日のスケジュール

8:20 出社 ストレッチ体操とメールチェックをします
9:00 プログラム制作・テスト実施
12:00 昼食 自席でゆっくりと済ませます
13:00 午後もプログラム制作・テスト実施
15:00 休憩 この時間にもストレッチをして心身をリフレッシュ
15:10 進捗会議
16:00 作業継続
19:00 予定していたところまでの作業を終えて退社

同じ職種の先輩