本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

前田

仕事の醍醐味は、多くの仲間と「モノづくり」に取り組み、それが「命を守る、医療の現場に直結する仕事」であることです

入社動機

私は「医療の現場に役立ちたい」と考え、就職活動をしました。当社を選んだポイントは技術力・環境・人です。

最初から当社が候補だったわけではありません。複数の会社を検討する中で、当社が取り組む研究内容、世界初を生み出す技術力に興味を持ちました。選考を進める中、技術者が臨床の現場を訪問して直接先生方とお話しする環境があることや、技術者が生き生きと技術説明をする場面に触れ、「ここでなら、ユーザー・エンドユーザーの視点で前向きにモノづくりに取り組める」と感じ、強く惹かれるようになりました。また、私は遺伝子工学を専攻しており、医療工学の道は専攻違いかと悩んだ時期がありました。その際、「これまで何をしてきたかも重要、それを活かしどんな成長をしてくれるか楽しみ」と、大学や専攻ではなく、私自身を見てもらって選考が進んだ点は非常に嬉しいことでした。

「ここで仕事がしたい」。そう思い、当社への入社を決めました。

仕事内容

オフの過ごし方

私は超音波診断装置の開発に携わっており、特に産婦人科用アプリケーションの要素技術開発を担当しています。要素技術開発では、新しい機能の試作や開発はもちろん、工学・医学系学会への参加や論文・特許の調査を通し、世の中の技術動向を追うことが仕事になります。また、担当していた新機能が製品化された際は、医師・技師の先生方に時間を頂き、直接意見を伺って新たな開発を行うサイクルに取り組みます。

仕事の面白さ・醍醐味

多くの仲間と「モノづくり」をしていること、そしてそれが「命を守る、医療の現場に直結する仕事」であることです。私の主な仕事は要素技術の検討ですが、これだけでは終わりません。製品開発の部隊と共に実機搭載に取り組み、営業の方と共に医師・技師の先生方とお話しし、要素検討にフィードバックするなど、製品が出来上がっていく様々なステージに立ち会う機会があります。

新しいものを創るには、多くの方の協力を得ながら、様々なステージで無限の努力が必要となりますが、成果が出た時は喜びを共有できます。これが私の仕事の楽しさであり、醍醐味です。

仕事で苦労する点

仕事をする中で苦労する点でもあり、重要な点は、目標を明確にすることだと感じています。

目標が不明確な場合、プロジェクトに参加しているメンバーが戸惑い力を発揮できません。目標を定め、課題を明確にすることで、1つの方向に向かって全力で進むことができます。また、目標がはっきりしていれば他部門にも協力してもらえます。

プロジェクトを進める前は、調査結果や臨床現場からのフィードバックを基に関係部署で意見を出し合い、互いに考えていることを理解しあって目標を定めるよう努めています。

印象に残っている仕事

初めて要素検討から製品化までを担当した経験は、今でも印象に残っています。

良い機能に仕上げたいと要素検討、製品化の作業に努めていましたが、製品化前に行うテストで不具合が見つかりました。この不具合を解決できず悩んでいたところ、他部署の先輩から「人を集めてあげるから、相談してみよう」と声をかけて頂き、すぐに十数人の製品化メンバーを集めてもらいました。多くの視点で問題を検討をして原因候補を挙げてもらうと、自分では思いつかなかった部分に問題があることに気づき、修正を経て無事製品化することができました。

製品化した機能を臨床の現場で使って頂き、「いい機能だ」とフィードバックを受けた際はやりがいを感じました。また、この報告で協力してくれたメンバー全員が喜びを共有できたことも大変嬉しく思います。多くの方に迷惑をかけてしまい反省もありますが、協力することの大切さを改めて感じた経験でした。

今後の目標

私の目標は、「自分の家族に勧められる装置」を作り、世の中に届けることです。身近な人に使ってもらいたい、自分でも使ってみたいと思える装置を作って、初めてお客様に勧めることができると考えており、この姿勢を心がけることでプライドを持って仕事ができると思っています。

この目標のために、お客様と同じ視線でモノづくりをすること、常に全力投球すること、良いと思う技術には挑戦することを心がけています。また先輩たちから受け継いだものを後輩の代につなげること、自身で得た新しい知見を展開し、全員でステップアップする体制をより一層強固なものにしていきたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

今までやってこなかったことをやろうと思い、ダイビングを始めました。わかってはいたのですが、海の中は地上と異なり普通に呼吸はできません。最初は恐怖を感じていたのですが、慣れてしまえば問題ありません。休みに合わせて伊豆に赴き、ときには八丈島、沖縄でダイビングを楽しんでいます。

一日のスケジュール

8:40 出社後、まずメールを確認。一日の業務確認と作業計画を練る
9:00 後輩の作業の進捗確認@。課題の洗い出しと対応策を決める
9:30 実験スタート。装置を立ち上げ、事前に決めた条件に沿ってデータ収集
11:00 午前の実験結果をまとめる
12:00 昼休み
13:00 プロジェクトの報告会@。同じ部署内の進捗報告。目標決めや、週間報告を行う
14:00 プロジェクトの報告会A。ハード、ソフトの担当者と製品化に向けた検討を行う
15:00 後輩の作業の進捗確認A。問題があれば打ち合わせをする
15:30 午前の実験結果を考察する。まとまり次第、関係メンバーに簡易報告
17:00 別の実験の検討を始める。検討に必要な資料の調査
19:45 退社

同じ職種の先輩