本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

元木

「医者にはなれなくても、エンジニアとして医療に貢献できる」と気づき、業界をリードする当社を選びました

入社動機

幼い頃の夢は「医者になって、多くの命を救うこと」でした。大学進学では医学部ではなく工学部の物理系に進みましたが、「医者にはなれなくても、エンジニアとして医療に貢献できる」と気づき、就職活動時には医療機器メーカーを志望していました。
その中でも、物理現象的に興味深く、低侵襲で診断できる超音波診断装置の開発に携わりたいと思い、業界をリードする当社を選びました。

仕事内容

オフの過ごし方

超音波診断装置での画像は、超音波センサーを診察部位に当てることで内部の情報を取得します。つまり、このセンサーの性能ひとつで診断画像の画質が左右されてしまうため、最悪の場合は病変の見落とし等の誤診につながる可能性があります。
私の担当業務は、この重要な超音波センサーに最先端技術を取り入れ、製品化することです。製品としての性能、製作性、コストなどの目標仕様と、生体への安全性の国際規格をすべて満足するように設計していきます。特に、設計初期段階での新技術の要素検討は、ゼロから技術を生み出すこともしばしばあるため、最も難しいフェーズであり、Trial and Errorの繰り返しです。ただし、この段階での失敗は無駄ではなく、しっかりと考察を繰り返していくことで、ノウハウや知見が蓄積されていきます。大学の研究も企業での製品開発も、失敗から成功を生み出す過程は一緒ですね。

仕事の面白さ・醍醐味

失敗続きの毎日から、苦労を経てやっと成功したときに快感という名の達成感を感じます。新しい技術を検討すると、初めは周りに「無理だ。従来方法で検討しろ。」と言われることが多いですが、いざ成功すると、「この技術を他にも採用しよう。」と一気に周りの”常識”が変わっていきます。
また、ユーザーから良い評価をいただいたときにはやりがいを感じます。自分で設計したものが実際に医療現場で使用され、「すごく見やすい画像だね」「いままでで一番じゃないかな」などという評価がフィードバックされた際には、次の製品開発へのモチベーションにつながります。もちろん厳しい意見をいただくこともありますが、逆に弱点を強みに変えるチャンスと捉え、製品開発に励んでいます。

仕事で苦労する点

設計から量産まで一貫して担当するため、ただ単に性能の良いものを作るのではなく、製作性を念頭に入れながら設計することが重要です。自分で試作していた時には上手くいっていても、いざ量産となると多くの予期せぬ不具合が発生し、その対応に追われることがしばしばあります。量産移行前にあらかじめ不具合要因を潰しこむように、あらかじめ製造担当者との密なコミュニケーションを図る様に心掛けています。
また、設計時点では「これで良い」と思っても、ユーザーにとっては全く正反対のことが良いこともあります。マーケットのニーズを反映させた製品開発を行うためにも、開発職は臨床現場に出向きユーザーの意見を伺ったり、営業やマーケティング部門の意見を聞くことも重要です。

印象に残っている仕事

「ドイツの学会に行ってもらう。」入社2年目に取締役から直々に海外出張を命じられたときです。まだ超音波診断装置の知識が浅いため、会社の利益になるような情報を得られるか不安でしたが、逆にその不安を解消するために一生懸命勉強しました。入社4年目には国際学会での発表を経験し、世界中の技術者との人脈も広がりつつあります。いま思うと、当時に学んだ知識が現在の業務に役立っており、「困難に立ち向かうことで成長する」ということを体感しました。エンジニアの使命は、いかにしてできないことを実現するかだと思っているので、難しいことでもあきらめずに挑戦しています。

今後の目標

”マーケットインで世界No.1に!”
開発した製品が多くのユーザーに受け入れられるように、難易度の高い新しい技術を使うこと自体が目的ではなく、どのように新しい技術を使って顧客ニーズを満足させるのか、ということを考えた開発を行いたいと思います。そのためにも、日本だけでなくグローバル規模で積極的に情報取集していき、「技術もニーズもわかる人材」になりたいです。まだ世界シェアはNo.1ではありませんが、マーケットインによる開発を行い、No.1企業となれるように貢献したいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

娘が生まれる前はフットサルやサッカーで汗を流していました。
娘が生まれてからは、平日は娘と一緒に遊ぶ時間がないので休日は娘と遊ぶ時間を大切にしています。また、平日は妻に子育てを任せっきりなので、休日はなるべく1人の時間を作らせてあげたり、家事もやるようにしています。おかげさまで料理が得意になりました。
英語が好きで、時間ができれば英会話や英作文をやっています。海外進出の準備はいつでもできています!

一日のスケジュール

8:15 出社。まずはメールチェックと返信。本日のToDoリスト作成
9:00 始業。試作するための装置を立ち上げ、加工準備
10:00 試作の加工開始
12:00 昼休み。仕出し弁当を食べ、昼寝するかネットサーフィン
13:00 部内昼礼
13:15 月曜日はプロジェクトの定例打合せ。進捗報告
14:00 試作の機械特性、電気特性評価
16:00 業者との打合せ。試作評価用部材について相談
17:30 実験報告書、打ち合わせ議事録等の書類作成
20:00 退社

同じ職種の先輩