本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

門川

会社情報を見る

「お客様の価値」を理解できる営業になりたいと思います

入社動機

世界と日本のものづくりをつなぐ仕事に携わりたい、という漠然な目標を持って就職活動をしていました。
その中でもいろいろな分野の先輩方のお話を伺ううちに半導体業界に興味を持つようになっていました。
日立Gr.合同説明会に参加して初めて当社を知り、「BtoBビジネス×グローバル」という点に魅力を感じ、当社への入社を志望するようになりました。

仕事内容

オフの過ごし方

入社以降、測長SEM(*)の海外向けアフターセールスを担当しています。
アフターセールスのビジネスではお客様に購入いただいた装置や中古装置に対し、装置の性能向上や延命化などお客様のニーズにあった改造・Version Upなどの付加価値を認めていただき、それに対する対価をいただいています。 お客様(主に韓国)と打合せで稼働中の装置に対する追加の開発要求などをヒアリングし、製品化の検討、価格・納期交渉などを行っています。

(*)測長SEM(CD-SEM:Critical Dimension-Scanning Electron Microscope)・・・走査型電子顕微鏡(SEM)の応用装置

仕事の面白さ・醍醐味

お客様が購入した装置に対してのアップグレードということもあり、有償化としての価値を認めてもらうことは難しいこともありますが、最終的に購入していただいたお客様や現地法人から「改造してよかった!」という報告をきくことができると非常にうれしく思います。
設計や現地法人など関係部署の方と協力してお客様の要望にこたえつつ、新しいアップグレードアイテムをつくる過程は難しい半面、最先端のものづくりに関わっているということを実感できるので、面白さを感じます。

仕事で苦労する点

文系出身のため、自社の製品、お客様の製品、業界動向などわからないことばかりで入社当時はマイナスからのスタートのように感じることもありました。入社から3年以上が経っても、まだまだ知らないことは多く、奥が深い世界です。文系で専門知識習得は大変ですが、営業の先輩や設計・サービスエンジニアの方々のお力を借りながら、日々習得しています。(実際に文系出身でも活躍されている先輩方も多くいらっしゃいます)

印象に残っている仕事

入社2年目のとき、初めて韓国のお客様に学生時代に学んだ韓国語でプレゼンを実施したことです。それまで国内のお客様へプレゼンした経験もあまりありませんでしたが、先輩方のアドバイスをお伺いしながら、事前準備を進めていきました。残念ながら、その案件を受注に結び付けることはできませんでした。メリットを伝える説明ができなかったのではと反省しましたが、後日、現地法人の方から「お客様から好評だった」とのコメントをお伺いすることができました。

今後の目標

「お客様にとっての価値」を理解できる営業になりたいと思っています。また、環境や自身の変化に恐れない心を持ち、チャレンジをチャンスととらえ、活かすことができる営業でもありたいと思います。お客様や関係部署との対話を通じて、試行錯誤しながらも新しい価値・製品を作り、「ありがとう!」という言葉をたくさん聞けるように業務に取り組んでいく所存です。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

基本的にはのんびり過ごすことが多いですが、学生時代の友人とおいしいごはんを食べながら近況報告などをしながらリフレッシュしています。
また、趣味で続けているダンスは幅広い年齢層の方と一緒にレッスンを受けるため、都度刺激を受けています。
長期休暇時は国内海外問わず旅行に行くことが楽しみのひとつです。

一日のスケジュール

9:00 出社、メールチェック
10:00 現法や設計と電話にて、問合せ内容の確認〜回答作成
12:00 お昼休憩
13:00 見積・資料作成
15:00 移内部打合せ
18:00 退社

同じ職種の先輩