本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

ホック

会社情報を見る

この分野なら物理学の解析手法を活かして仕事ができると考えました。また、グローバルな企業であることにも魅力を感じました

入社動機

大学で専攻が物理学だったこともあり、物理現象を解析・解明して次世代製品の開発へ繋げていけるような仕事をしたいと考えていました。そこで、日立グループのリクルータの紹介で日立ハイテクノロジーズの電子顕微鏡事業について知り、この分野なら好きな物理学の解析手法を活かして仕事ができると考えました。また、電子顕微鏡に限らず様々な分野で世界を相手に事業展開するグローバルな企業であることにも魅力を感じ、日立ハイテクノロジーズを志望しました。

仕事内容

オフの過ごし方

現在、走査型電子顕微鏡の開発業務に従事しています。走査型電子顕微鏡には用途によって様々な種類がありますが、私は半導体デバイスの観察・計測に特化した顕微鏡の開発を担当しています。具体的には、走査型電子顕微鏡の中でプローブの役割を果たす電子ビームの軌道を制御するシステムと、観察対象物からの信号電子を検出する検出系の開発に従事しています。顧客は国内と海外の半導体メーカーになります。ナノメーター・スケールの微細な半導体デバイスの観察と計測を高精度で実施できるシステムを提供することで、半導体技術の発展に貢献でき、我々の生活のバックボーンともいえる技術を支える仕事であると考えています。

仕事の面白さ・醍醐味

電子顕微鏡で半導体デバイスを観察するのに電子ビームを照射します。しかし、ビーム照射によってデバイスの構造が変わってしまう可能性があり、観察を短時間で実施しなければなりません。空間スケールでナノメーター単位の微細な世界で、時間スケールではナノ・セカンド単位の超高速の現象をとらえる仕事になります。その世界を実際に可視化できることが楽しく、やりがいを感じます。

仕事で苦労する点

仕事では常に新しい知識と情報を吸収し続ける必要があります。一つの専門分野だけでは不十分で、関連する他の分野のことも、エッセンスだけでもよいのである程度把握しておくことが必要です。また、企業では一人ではなくグループで仕事することになり、他部署との連携も必要不可欠です。周りの人々をうまく巻き込んで仕事を円滑に進めていくコツも勉強中です。

印象に残っている仕事

入社してから4年以上開発に携わった製品の顧客デモンストレーションのエピソードが印象に残っています。グループの全員が力を合わせて試作機(プロトタイプ)を立ち上げて臨んだデモンストレーションは、顧客を満足させることができ、受注へつながりました。デモンストレーション前は試作機の立ち上げやトラブルの対策が大変でしたが、チームワークでそれを乗り越え、受注が決まったときの達成感は大きかったです。

今後の目標

現在、社会人博士課程に通っており、近い将来の目標は優れた研究成果をあげて博士号を取得することです。次に、その成果を新たな価値を提供する製品の開発へとつなげていきたいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は読書をしたり、映画鑑賞をしたりします。また天気の良い日はドライブにも出かけたりしています。長期休みは国内旅行と海外旅行に行くのが楽しみです。海外旅行は入社してからカンボジア、タイ、インドネシア、インド、スリランカ、スペインとモロッコに行きました。

一日のスケジュール

8:00 出社
8:30 メール等のチェック
9:00 その日の実験について打ち合わせ
10:00 実験
12:00 昼食
13:00 実験とデータ解析
14:00 打ち合わせ
15:00 データ解析
16:00 実験報告書の作成、メールチェック

同じ職種の先輩