本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

山口

日本の鉄道を支える技術者になるとともに、
海外案件に取り組み、グローバル展開に貢献していきたい

入社動機

大学内の会社説明会で、リクルーターと会話していく中で、現在の所属部署の存在を知りました。鉄道車両の魅力と、多くの人に使っていただける製品に携わりたい、私も体感できる製品に携わりたい、社会に貢献したいとの想いがマッチし、日立を志望しました。
また、リクルーターが活き活きと自身の仕事について語ってくださったり、親身に相談に乗っていただいたことを通して、私もこのような人になりたいと思ったことも理由の一つです。

仕事内容

新幹線電車のぎ装設計に従事しています。ぎ装設計とは、車体に電気部品、空気部品等の機能部品を取り付ける設計、また、それらの相互間に必要となる配管・配線の設計であり、鉄道車両として機能を発揮するようにまとめあげる重要な役割です。仕事内容は図面を作成、検討したりすることはもちろんのこと、研究開発、部品手配、製作過程や品質管理にも携わり、お客様や部品メーカとのやり取りを行うこともあります。

仕事の面白さ・醍醐味について

エンドユーザーとして、携わった製品である新幹線に実際に乗ることができることが、この仕事の一番の醍醐味です。製作段階では、うまくいかないことも多くあり、多忙を極めることもありますが、新幹線が完成し、お客様の手に渡り、多くの人が利用していることをニュース等で取り上げられるとうれしく思います。

仕事で苦労する点について

鉄道車両を理解するためには、機械工学(材料力学や流体力学など)のみならず電気・制御に関する知識など幅広い知識が必要です。
また、お客様に設計の意図を技術的にわかりやすく説明するために、仕組みや構造の理解、コミュニケーション能力も必要となってきます。日々、わからないことはたくさん出てきますが、周りの方にサポートしてもらいつつ、仕事に励んでいます。

印象に残っている仕事やエピソード

お客様と共同で技術開発を行った仕事が印象に残っています。
・研究部門と開発のアイデアを考えて、車両に取り付けられるように構造を考察し、お客様に説明・提案
・実際に図面を描いて、部品の手配・作業を指示し、試験装置の製作
・検証・試験を行い、成果をもとに報告書を作成
この一連の仕事を任せてもらったことによって、仕事の流れ、お客様のニーズを理解することなど多くを学ぶことができ、今の仕事の礎となっています。

今後の目標

技術について学ぶことはもちろんのこと、他部署からの意見にも耳を傾け、幅広い視点で物事を考え、常に人として成長できるように努力して行きたいと思っています。より良い品質の製品を作ることを通して、安全で快適な鉄道システムに貢献したいです。そして、多くのことに挑戦し、経験を重ねて、日本の鉄道を支える技術者になるとともに、日本の技術力をもとに海外案件に取り組み、グローバル展開に貢献していきたいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は、友人たちと一緒に立ち上げたクラブチームで、小さい時からしているラグビーをして過ごしています。仕事と同じように、思い通りのプレーができると気持ちいいです。筋肉痛に悩まされることのしばしばありますが、体を動かすと、リフレッシュでき、翌日からの仕事の活力になります。

一日のスケジュール

8:10 出社。出社後は毎朝恒例のラジオ体操、朝礼を行います
8:40 設計業務。図面のみならず、事務的な作業もこなします
10:00 現場へ確認。自分が設計した部品等を見に行き、今後の設計に役立てます
12:15 昼食。エネルギーを蓄え、午後からの仕事に備えます
13:00 打合せ。製造部門や品証部門とより良い製品を作るために行います
15:00 設計業務。他部署や上司から依頼されることもあります
17:00 設計業務。優先順位をつけて、重要度の大きいものから片づけます
20:00 退社

同じ職種の先輩