本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

加賀田

「モノづくりに真摯に取り組まなければならない」と
気を引き締めて業務を行っています

入社動機

幼少期から電車が好きで、就職活動中に電車を作ることを仕事にしたいと考えていました。その頃、日立が鉄道発祥の地 英国での鉄道車両案件を日本企業で初めて受注したことを知り、この会社で世界の競合他社と勝負したいと思い入社を希望しました。

仕事内容

輸出車両の電気回路設計担当として、設計図面の作成や車両仕様の決定等を行っています。現在は、英国高速都市間鉄道(Intercity Express Programme, IEP)車両案件の設計に従事し、日本製の高い品質を保ちつつ製作しやすいモノづくりを進めています。

仕事の面白さ・醍醐味について

自分が設計に携わった車両がTV・新聞で取り上げられた場面を見ると嬉しい気持ちになります。ただし、その反面皆が注目しているということを肝に銘じて、「モノづくりに真摯に取り組まなければならない」と気を引き締めて業務を行っています。

仕事で苦労する点について

海外の方とのコミュニケーション:技術的な会話となると、口頭だけでは通じないことも多いため、図面や資料を使いながらお互いに誤解の生まれないように業務を進めています。

印象に残っている仕事やエピソード

最も印象に残っている仕事としては、保守案件のプロジェクトで現地作業の取りまとめを行ったことです。その時は、作業日程が短くこなせるか不安でしたが、作業者の方々の協力を得ながら仕事を進められたことは自信になりました。

今後の目標

まずは、自分の仕事に関わる専門知識を深め業務の幅を広げていきたいと考えています。また、これからのグローバル化に備えて、語学力を高めるのはもちろんのこと、案件で関わることになる国の文化を理解し現地の方々との信頼関係が築ける技術者となることが目標です。そして、長期な目標としては、プロジェクトを取りまとめるを目標に高い意識で業務を進めたいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は、会社で立ち上げたハンドボールチームで活動しています。月1回 社会人リーグ戦に参加しています。

一日のスケジュール

8:00 出社。通勤時にその日に取組む業務を想定しておく
10:00 担当案件のミーティング。先週の出来事の報告及び今週の予定などを各部署間で共有
12:15 昼休憩
13:00 デスクワーク。午前中のミーティングの内容を踏まえて図面・資料作成を行う
18:00 英国現地メーカとのTEL会議。メーカ進捗を確認
20:00 TEL会議の議事録作成および送付
21:00 翌日の業務の確認を行った後、退社

同じ職種の先輩