本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

深井

会社情報を見る

モノをつくる技術職に就きたかったので<br />文系からでも挑戦できるシステムエンジニアを志望していました

入社動機

当時の私は、モノをつくる技術職に就きたかったので、文系からでも挑戦できるシステムエンジニアを志望していました。今の会社を知ったのは、合同企業説明会で通りかかったのがきっかけでした。
実際の説明やいただいたパンフレットから、セキュリティ関連の事業に興味が湧き、何の知識もないけれどこの仕事をやってみたいという気持ちが強くなり、志望しました。また、人事担当の方が初対面から親身になってくれたことや、面接終了時に「来てくれて、ありがとう」とおっしゃっていただいたことが、人を大事にする会社という印象に繋がり、入社の決め手となりました。

仕事内容

システムの運用・保守の業務を行っているお客さまに対し、その業務のアウトソーシングをご提案しております。システムの運用・保守という仕事は、システムの監視、セキュリティ対策を実施、トラブルシュート、機器の構成管理と、業務内容は多岐に渡り、そのどれもが専門性を求められるものです。
また多くの企業では、この業務に最適な人員を配置できないのが現状です。まずはお客さまのお困り事をヒアリングし、どのようなことを実現されたいのか、どのようなサービスが喜んでもらえるのかを考え、既存サービスの拡張や新しいサービス設計したり、それらを組合せたりしながら、お客さまのご要望にあったサービスを設計・提供しております。

仕事の面白さ・醍醐味について

さまざまな業種のお客さまがいらっしゃるので、同じサービスでもお客さまによってサービスのカスタマイズが必要なことがあります。また新たなサービスの設計には、社内外の調整等多くの時間を要する場合があります。そのような過程を経て、自分の考えたサービスが形になり、お客さまに提供することが出来るのは仕事の達成感につながります。
またお客さまからご注文いただけた時は、自分の提案したサービスに価値があると同じ意味を持ち、大変嬉しく、次の仕事の励みにもなります。

仕事で苦労する点について

システムの運用・保守の業務を行っているお客さまと打合せをする事が多いので、会話の中で頻繁に専門用語が出てきます。最初は全く理解できず、打合せ後に上司から説明してもらったり、自分で調べたりして、少しずつ理解できるようになってきました。既存技術だけでなく、業界のトレンドも追従しなくてはならないので、日々情報収集がかかせません。

印象に残っている仕事やエピソード

入社6年目で担当した産業系のお客さまの入札案件です。セキュリティに特化した運用保守サービスの提案を求められていました。お客さまのご要望にお応えするためには、既存サービスではすべて対応できなかったため、新しくサービスを設計しなくてはなりませんでした。主担当として取り組んだ案件の中で、金額や内容含めて最も大規模かつ、自分にとってこれまで取り組んでこなかった分野だったので、すごく苦労しました。結果としては失注してしまい、悔しい思いをしましたが、多くを学ぶことができ、今の自分の糧となりました。

今後の目標

お客さま視点に立ち、お客さまのご要望に応え、さらにお客さまの業務に新たな価値を見出すようなサービスを設計・提案していきたいです。そのために、今後もより多くの経験を積み、知識を蓄え、社内外に人脈を広げていきたいと思っております。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

職場の同僚とマラソン大会やママチャリレースに参加しております。職場を離れて遊んでみると、仕事や飲み会だけじゃわからない人柄を知ることができたり、意外な一面を発見できたりします。また、お互いをよく知ったことでチームワークが良くなったと思います。

一日のスケジュール

8:50 出社
9:00 メールチェックおよび返信
9:30 社内外へ電話フォロー
10:00 案件について、上司へ相談
12:00 昼食
13:00 サービス費用の見積、出張資料の作成
15:00 上司に資料チェック依頼
19:30 退社

同じ職種の先輩