本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

引野

会社情報を見る

開発したシステムが実際に稼働している様子をお客さまにお見せして喜んでいただけた時にとてもうれしく感じます

入社動機

教育や福利厚生等の環境が充実した企業で大学時代の専攻分野を活かすことのできる仕事がしたいと考え、IT関連の大手企業を探していたところ、この会社に辿り着きました。入社後の研修期間が長く、また自身で学びたい研修を受講することが可能であったりと仕事のイロハを学ぶための制度が整っている点や、会社説明会時の先輩方の人柄の良さから、社会人になることに不安があった私にとってこの会社を選ぶ大きな決め手となりました。
また多岐にわたる事業を展開しており、さまざまな経験をすることができるというのも魅力的でした。

仕事内容

企業のお客さまに対し、業務の効率化を図るシステムやお客さま向けサービスなどの検討、開発を担当しています。メインはプログラミングを行うソフトウェア開発者ですが、場合によってはお客さまとやりとりを行うなどシステムエンジニアのようなことをする場合もあります。今までは端末などの組み込みソフトを開発していましたが、最近はクラウドサービスなどサーバー周りの仕事が増えてきています。

仕事の面白さ・醍醐味について

開発したシステムを導入して、実際に稼働している様子をお客さまにお見せして喜んでいただけた時にとてもうれしく感じます。開発は基本的に一筋縄でいかず、いろいろな壁にぶつかりながらものが出来上がっていきます。特にお客さまから強く求められている機能箇所で問題が発生した場合、問題の解決に大変な労力を要します。そうやって出来上がったシステムだからこそ、お客さまに満足していただけたときに頑張りが報われたと感じます。

仕事で苦労する点について

仕事では自分が今まで扱ったことのない技術を使用するケースが多々ありますが、その技術で問題が発生したときの原因究明と解決策の模索に苦労します。お客さまの要望を実現するために欠かせない機能の場合、なんとしても問題を解決しなければと大きなプレッシャーがかかります。
またお客さまによっては、打合せをしていく中で要望がコロコロと変わることがあり、それに振り回されることが多々ありました。お客さまに満足して頂くために頑張って追従しますが、リスクが高い場合など時にはお断りする勇気も必要になります。

印象に残っている仕事やエピソード

会社で新しい事業を立ち上げるためのプロジェクトに携わったことがあり、新規の製品をイチから開発したことが特に印象に残っています。
その製品はビルに導入するシステムで、最初は研究開発ということで自社ビルに導入して検証を行いました。その際、正しく動作することを確認するために屋上から機械室までビル内を隅々まで歩き回っていました。正直かなり大変でしたが、新規事業に関わったこと、さまざまな機械に触れたことなど、新しい経験ばかりで非常に充実感がありました。

今後の目標

プロジェクトの代表としてお客さまの前に立ち、よりよいシステムを提供できるエンジニアになることです。
現在は先輩と共に仕事をすることが多く、そのため先輩が先頭に立ってお客さまとのやり取りを行っています。今後私は先輩に教えてもらう立場から後輩へ教えていく立場へとシフトしていくこととなるため、
今のうちに先輩の技術やテクニックを盗み、一プロジェクトマネージャーとして仕事に臨みたいと考えています。

オフの過ごし方

オフの日は、仕事をスッパリ忘れリフレッシュするようにしています。元々多趣味で、高校の頃から続けているテニス、冬であればスノーボード、その他諸々いろいろなことをしています。最近では家の近くに映画館があるという立地を活かし、ちょくちょく映画を見に行っています。

一日のスケジュール

8:50 出社し、メールチェックと本日の予定を整理する
9:30 担当分の機能のプログラミング
10:30 プログラミング中に機能に対する疑問を発見したため、メンバーで打合せを実施し方向性を検討
12:00 昼休憩。本社の入っているビルが商業施設でもあるため食べるものには困らない
14:00 急遽お客さまとの打合せに参加することになったため、お客さま先へ移動
18:00 打合せ終了。本日予定分の作業がまだ残っているため帰社しプログラミング継続
20:00 本日予定分の作業が完了したため、退社

同じ職種の先輩