本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

西原

会社情報を見る

自分の専門分野以外についても知識と理解が要求されます<br />常に学び続けるという姿勢が必要です

入社動機

大学での共同研究でこの会社を知り、自分の専門分野に近い開発も行っているということで興味をもちました。幅の広い事業領域をもつ一方で、専門性の高い開発も行っており、この会社で働きたいという思いが強くなっていきました。選考の過程では、事業の内容や社風について何度も丁寧に説明してくれたことで、誠実な社風を実感できたことも入社の決め手となりました。

仕事内容

HDD磁気ヘッド製造装置の開発にソフトウェアエンジニアとして携わっています。加工精度の向上や歩留まりの改善などお客さまからのさまざまな要望に対して、それをどのように実現するか、実現するにはどのような課題があるか、どの程度の予算がかかるかなどの打合せから始まり、仕様の策定、コーディング、テストといった工程を経て、お客さまが求める機能を実装する仕事です。

仕事の面白さ・醍醐味について

ソフトウェア開発の仕事といっても、単にコーディングやテストの工程だけではありません。
お客さま要求仕様の確認や開発チームをはじめ営業・技術チームや検査チームなどさまざまな人たちとのコミュニケーションが必要であり、数えきれないほどのやり取りの結果としてお客さまにとって価値のあるものを提供でき喜んでいただけた時、この仕事のやりがいを実感しました。

仕事で苦労する点について

装置の開発はメカ、エレキ、ソフトと分野の異なるエンジニアが一丸となって進めているので、自分の専門分野以外のことについても知識と理解が要求されます。常に学び続けるという姿勢が必要です。
また、進捗状況がお互いに影響しあうため、開発スケジュールを守るために協力しながら進めていく必要があります。

印象に残っている仕事やエピソード

大規模な改良を行う機会があり、その際にOSやフレームワークの一新を提案して実行しました。長年の実績がある既存システムを可能な限り維持できるようにこれまで使用している各種ドライバやライブラリが新しい構成においても使用可能かどうか調査したり、新たな技術を採用する場合には最もリスクが少ない選択肢はどれなのか慎重に検討を行いました。試作機開発、量産機開発と確実にステップを踏みながら進めた装置のバージョンアップでしたが、それを無事に完遂できたときにとても嬉しかったことが印象に残っています。

今後の目標

息の長いソフトウェアの開発を行っていることを頭に入れて、それに応じた技術の取捨選択ができるソフトウェアエンジニアになりたいと考えています。お客さまに安心して使っていただくために、長い期間にわたって安定して動作し、機能追加や改良も比較的容易に実施できるようなソフトウェアを開発していきたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

友人たちとよく登山に出かけます。
しかし、最近は体力の低下が著しく、意を決してフィットネスクラブに通い始めました。体脂肪の削減と筋肉の増強に勤しみ、体組成計に表示される数字の上がり下がりで一喜一憂を繰り返しています。

一日のスケジュール

8:50 出社。 メールチェックとスケジュール確認
9:00 開発製品のミーティング。 進捗状況の確認と課題の洗い出し
10:00 お客さまとの仕様決めのための資料作成
12:00 昼休憩
13:00 新規開発案件に関する工数見積もり
14:00 お客さまからの問い合わせメールへの応対
15:00 仕様策定、コーディング、テストなど開発作業
19:00 退社

同じ職種の先輩