本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

佐久間

会社情報を見る

大変なことはたくさんありますが<br />乗り越えた時の喜びを考えると頑張ろうという気持ちになります

入社動機

ソフトウェアの開発をしたいと思っていたことと、通信(ネットワーク)に興味があったため、会社名に「通信」と「エンジニアリング」というワードが含まれていたことから興味を持ち応募しました。選考が進むにつれて、モノづくりに対する想いが強く、社員の方たちの確かな技術力を感じることができたため、自分もここで働きたいと思いました。
また、ネットワーク関連だけでなく、さまざまな事業領域を持っており、色々なことにチャレンジすることができると思ったのも志望理由の1つです。

仕事内容

現在は通信を行うための機器であるイーサネットスイッチの開発を行っています。
また、入社当初は、携帯通信LTEコア・ネットワークのゲートウェイ装置開発に携わっていました。その他もいくつかの開発プロジェクトを経験しましたが、当社は非常に広い分野の事業領域を持っているため、さまざまな仕事を経験できるのが魅力です。開発業務では、要求仕様を元に設計を行っていくことが多いですが、ただ機械的に実装するだけでなく、今後の拡張性や保守性なども考慮して設計を行うことが重要です。

仕事の面白さ・醍醐味について

自分が設計したソフトウェアが想定通り動作したときや、困難な問題を解決したときは大きな達成感を得ることができます。やはり自分が作ったものが動くというのが、モノづくりの醍醐味であると思います。
また、業務を通じて色々な知識を身につけることができることにも面白さを感じます。それは最先端の技術であったり、開発をより効率よく進めるためのアイディアなどもありますが、それらが蓄積され自分の成長を実感することができます。

仕事で苦労する点について

一番苦労するのは、原因が分からないソフトウェアの問題が発生した時です。
発生する状況がどんな時なのかを少しずつ切り分けていき、動作ログの内容などから仮説を立てて検証するといった作業を繰り返しながら解析していきますが、なかなか原因にたどりつけないときはくじけそうになるときもあります。しかし、周りの人と相談しながら解析を進め、なんとか原因にたどりつけた時は非常に嬉しくなります。大変なことはたくさんありますが、それを乗り越えた時の喜びを考えると頑張ろうという気持ちになります。

印象に残っている仕事やエピソード

配属された当初、私が担当していた機能でソフトウェアの問題が発生してしまい、一生懸命に原因解明に取り組んだことがありました。結局自分では原因にたどりつくことができず、先輩や有識者の方々に協力いただいて原因を解明することができました。あの時の私はほとんど役に立つことできなかったため、もっと技術・知識を身につけ、先輩方のように問題を解決することができる力を身につけたいと強く思いました。

今後の目標

当社は幅広い事業領域を持っており、さまざまな分野の開発プロジェクトを担当することができます。そのため、今担当しているプロジェクトについての知識だけでなく、どこにいっても通じる技術・知識を身につけていきたいと考えています。そのために資格取得等に積極的に取り組んでいきたいと思います。
また、自分の知識を分かりやすく伝える力を身につけることで、お客さまやチームのメンバーから信頼される人間になりたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は家で読書や音楽鑑賞をしながらゆっくり過ごしたり、友人と飲みにでかけたりすることもあります。また音楽が好きなので、よく好きなアーティストのライブに行ったりしています。とにかく自分の好きなことをして、リフレッシュするようにしています。

一日のスケジュール

8:50 出社。メールチェック
9:30 設計ドキュメントの作成を行う
11:00 チーム内ミーティング。進捗状況の確認や発生した課題等についてメンバー間で共有
12:00 昼休憩
13:00 再び、設計ドキュメントの作成を行う
14:00 設計ドキュメントのレビューを開催
15:00 レビューの議事録を作成し、指摘事項の修正にとりかかる
18:00 退社

同じ職種の先輩