本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

久保

会社情報を見る

自分が設計、設定した機器が今後何年も動き<br />人に影響を与えると思うととても感慨深いものがありました

入社動機

ITの技術を用いて、人々の生活をより快適に変えるような仕事がしたいと思ったことが、この業界を志望したきっかけです。中でもIoTという分野に興味と可能性を感じたので、通信関係に強みを持つこの会社を選択しました。

仕事内容

私が所属する部署はさまざまな企業のお客さまがおり、サーバーや業務システム、ネットワークなどの設計、構築を行っています。お客さまの規模に合わせ、機器からサービスまで含めた最適なソリューションを提案し、導入します。私自身は現在設計、構築などを先輩社員の方の下で学びつつ、各種ドキュメントの作成やお客さまとの打合せに出席したりしています。

仕事の面白さ・醍醐味について

私が設計し、構築したシステムが世の中で動いているということにやりがいを感じます。さまざまな業種のお客さまと仕事ができるので、それを実感できる場が多くあることもこの会社の魅力のひとつだと思っています。どんな業種の企業にも基盤システムは必ず必要なので、それを通して世の中の多くの人々に対して貢献できることがやりがいだと思います。
また、仕事をしていく上でさまざまなお客さまと接することができるのも魅力です。色々な会社、人の仕事に対するアプローチだったり、進め方を知ることができるのは自身の成長にも繋げられるし、とても楽しいです。

仕事で苦労する点について

システムエンジニアは一生勉強とはよく言われますが、周りの上司、先輩を見て実感しています。サーバーにしてもネットワーク機器にしても次々と新製品やバージョンアップが発表されるので、新しい技術や知識を取り入れていくことが大変です。
また、最新のものほど、情報が英語でしかなかったりするので、英語の知識の重要性も感じています。
サーバーやシステムはそれ単体で動くものではなく、さまざまな機器やアプリケーションなどが連携して動いているので、例えば障害が起きたとき、問題点の切り分けなどをするために自分の専門外の知識も必要になる時があります。とにかく、一生勉強しても足りないんじゃないかと思うくらい必要となる知識は多いです。

印象に残っている仕事やエピソード

配属後最初に担当した銀行向けのプライベートクラウド基盤を構築する案件が印象に残っています。サーバー、ストレージ、SAN、LAN、仮想化などさまざまな機器、技術が必要となる案件を少人数かつ短期間で構築しなければならない状況であった為、新人の私にも多く仕事をさせてもらうことができました。
中でもネットワークを中心に担当したのですが、その中の機器のひとつが海外でシェアを伸ばしつつあるベンダのものであった為、日本語の資料が少なく、英語のマニュアルやサポートとのやりとりをしながら進めなければならくて大変でした。
自分が設計し、設定した機器が今後何年も動き、何人もの人に影響を与えるのだと思うととても感慨深いものがありました。

今後の目標

この1年間、業務を通して私自身に何ができて何ができないかを学ぶことができました。
これからの1年間で、できなかったことをできるようになり、仕事に自分の持ち味を出せるようになりたいです。
そして、お客さまにとって、会社にとって必要だと思ってもらえるようなシステムエンジニアになることが目標です。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

旅行に行くことが私の働く上での大きなモチベーションのひとつとなっています。
土日の休みでも金曜日に仕事が終わってから移動したり積極的にオフを満喫しています。去年は海外旅行に行くことができなかったので今年は海外旅行に行くことが目標です!写真はロサンゼルスへNBAの試合を観に行った時のものです。

一日のスケジュール

8:50 出社。メールチェック。当日の業務内容確認
10:00 打合せ
12:15 昼食
13:00 検証作業
16:00 グループミーティング
18:00 退社

同じ職種の先輩