本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

篠原

特許の執筆を初めて任されたとき<br />自分の成長を実感できたのがうれしかったです

入社動機

製品企画や特許出願など、新たな技術を生み出す業務に興味があり、日立への入社を考えるようになりました。これらの業務では、個人の企画力だけでなく、その企画を実現するための企業としての技術力が必要になります。幅広い分野において高い技術力を持つ日立なら、自分自身の提案した企画を実現することができると考え、志望しました。

仕事内容

プラットフォーム製品のサービス開発を担当しています。これはソフトウェア自体をつくるのではなく、ソフトウェアの価値をお客様に知っていただき、その価値をより高める仕事で、ソリューションに近い仕事です。具体的には、いわゆるPasS (Platform as a Service)のように、インターネット経由で、アプリケーションを利用するためのプラットフォーム(システム基盤)を提供するサービスを手がけています。

仕事の面白さ・醍醐味について

私は普段の業務では、直接お客様のところへ出向くことはまだありませんが、お客様の具体的な課題を解決するためのサービスを提供していく仕事なので、お客様の意見はもちろん、SEの意見など、いろんな方の意見を取り入れる必要があり、新たな意見を聞く度に、視野が広がるところが醍醐味です。
また、展示博覧会ではお客様向けに自分が担当しているサービスの説明も行っているので、そういった場では、直接お客様の声を聞くことができます。そういった場を通し、「自分の説明する力も、製品価値の一部を担っている。製品価値をより高めるため、製品の良さをよりお客様に知ってもらうため、もっと上手に説明できるようになろう」と感じ、モチベーションを高めることができます。

仕事で苦労する点について

苦労ということではありませんが、常に使う側の視点を意識しなければなりません。例えば、システム運用手順の作成を担当し始めた頃は、私自身、システム運用に関する経験もノウハウもなく、お客様の要件やSEの操作性などを度外視し、自分の都合だけで運用仕様や運用手順を考えてしまったことがありました。結果的に品質保証部とのレビューではその部分について多くの指摘を受け、再検討せざるを得ない状況になってしまいました。
そうした反省から、今ではお客様やSEの方の意見など、情報収集に多くの時間を費やすようにしています。

印象に残っている仕事やエピソード

特許の執筆を初めて任されたとき、自分の成長を実感できたのがうれしかったです。というのも、特許を執筆する際には、まず「お客様がどういう課題を抱えているか」「その課題を解決することが、お客様にどれくらいの効果を及ぼすか」を明確にしなければなりません。つまり、いかにお客様の視点に立って考えられるかがポイントになります。以前はこれがうまくできず頭を悩ませていたのですが、この特許執筆の際には、こうした課題や効果についてすぐ整理することができ、上司や先輩からも私の提案に対して賛同してもらえたので、自分の成長を実感することができました。

今後の目標

現在担当しているサービス開発の業務を通じて、より多くのお客様やSEの意見に耳を傾け、お客様やSEが求めていることを深く理解していきたいと思います。
また製品部署や拡販部署にお客様やSEの求めていることを情報発信するとともに、他部署とも連携して課題解決や製品価値の向上に貢献していきたいと思っています。
また、これまでの業務を通じて得た知見を、サービス開発だけでなく、展示会での製品説明にも活かし、自分自身の言葉で、担当製品の良さを少しでも多くの方に理解してもらえるようになりたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

もともとからだを動かすのが好きで、小・中・高・大を通じて、柔道、空手、日本拳法といった格闘技をやっていました。社会人になって振り返ってみると、実は格闘技そのものより合宿などで仲間とワイワイやるのが何よりも好きだったことに気づき、今は週末になると、所属している社外のフットサルサークルで、皆と練習や試合を楽しんでいます。
また、お酒も好きで、大学時代の友達とは今でもよく飲みに行きます。

一日のスケジュール

8:45 出社 メール確認 スケジュール確認
9:30 定例報告会
10:30 サービス開発 手順書作成など
12:00 昼食
12:45 レビュー(他の人の仕事に対して意見する)
13:45 レビュー(自分の仕事に対する意見をもらう)
14:45 サービス開発 レビュー意見を反映させた手順書修正など
17:15 退社

同じ職種の先輩