本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

青景

課題を解決する上でさまざまな人と協力していくことが<br />自分にとっての成長に繋がると考えています

入社動機

就職活動の時期は、日常を支えられる仕事、多くの人と関われる仕事につきたいと考えていました。さまざまな業界を見てきた中で、全く専攻分野外ではありましたが、「モノづくりで社会インフラを支えられる」「技術(スキル)を活かせる」「多くの人と関わって大きなことを成し遂げられる」
以上のことを満たせる仕事ができると考え入社を決めました。
その他入社前までに何度か面接などで先輩方とお話させていただきましたが、雰囲気が自分に合っていると感じられたことも大きな理由の一つです。

仕事内容

大手金融機関が提供するサービスのシステム開発を行っています。システム開発と一言で言っても作業内容は多岐に渡ります。
具体的にはシステムの設計、開発(プログラミング)、テスト、保守など開発関連の作業はもちろんですが、さらに上流工程のお客様の要望を伺っての提案や、開発作業全体をスムーズに進めるためのマネジメント作業など重要な業務があります。SEの中でも特にアプリケーションの開発に特化しているため、システム側の最前線でお客様のサービスを支える立場にあたります。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

業務の中である課題があり、その解決に向けて何をするのが最善かということを考え実行にうつさなければならないという場面が多々あります。
その過程の中では、自ら調査し試行錯誤をすることや、場合によっては多くの人の協力を得ることが必要となります。決して楽な作業ではありませんが、やり遂げて上手くいった際の達成感は他では感じることのできないものであると考えています。それは元々分からないことがあったらすぐ調べるという知的好奇心の強い自分にとって合っていると思っていますし、課題を解決する上でさまざまな人と協力していくということが自分にとっての成長に繋がると考えています。

仕事で苦労する点について

お客様の要望を形にするためには、多面的な見方で物事を見る必要があるためさまざまな知識が必要で、かつ的確な判断が求められるという点です。要件を的確に捉えるためには、システム面からどう実現していくかということはもちろんですが、前提としてお客様の業務を知る必要があります。その他に、大規模なシステムになればなるほど利害関係者が増えるため、その背景をも理解していくことがプロジェクトを進める上で重要な要素になってきます。
さらに、ある問題が発生した場合に答えが明確でないことが多いため、自らが持っている情報を元にいかに問題を解決するかということが度々求められます。裏を返せばそこがやりがいでもありますが、重要な局面における判断は経験も必要であり非常に難しさを感じています。

印象に残っている仕事やエピソード

今のプロジェクトと比べると規模の小さな案件ではありましたが、入社2年目に初めてユーザ部と対面で仕様についてやりとりしたことです。画面イメージやシステム設計などが決まっていない上、納期も短い。そんな中どうやってお客様の要望を実現するかについて、プロジェクトメンバの協力のもとで提案を行いました。もちろんすんなりとはいきませんでしたが、結果として現在のサービスではその時に提案した仕様が採用されています。自身の関わったことが初めて目に見える形で結果に残ったという点で非常に印象に残っています。
業務で普段意識していませんでしたが、当たり前の日常を支える仕事に関われているということを感じたのもこの時でした。責任もありますが、日本の企業を支えているサービスのプロジェクトに関われていること何よりのやりがいだと考えています。

今後の目標

強みとなる専門性を身に付けると共に、その専門性に付加価値を認めていただけるようになることが目標です。システム面もそうですがお客様の業務も十分に把握できていない現状では、今後良い提案や対応をしていくことはできません。まずは身近なところからはじめて、この分野であればという強みを身につけ伸ばしていくことが頼りにされるために必要なことだと考えています。最終的に自身が関わったことによる付加価値が認められることがあれば、それが自分にとって何よりの成長であると考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

大学の頃から続けているバンドや社会人草野球の他、よく同期で旅行に行っています。元々多趣味でしたが、多くの同期の影響もあり更にいろんなことに挑戦する日々です。中でも昨年から、高校の際部活で活動していた登山を再開し、同期と行くのが楽しみになっています。壮大な景色や星空が見られるので普段の仕事のことを忘れて楽しむことができます。

一日のスケジュール

8:50 出社。プロジェクトの朝会で当日のスケジュールなどを把握
9:30 システム性能要件の確認と実測
12:00 昼休憩
13:00 テストの取りまとめ。(作業調整、不具合箇所の調査など)
15:00 内部の進捗会議。各ラインの進捗状況や方針などの話し合い
17:00 テストスケジュールの調整や、項目作成など
20:00 退社

同じ職種の先輩