本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

庄司

さまざまな業界のお客様と接点を持てるため<br />社会が動いていく現場を直接見ることができます

入社動機

大学で経営情報を学んでおり、社会に浸透しているITの重要性を感じていました。ITを通じて社会を支える力になりたいと思ったことと、技術進歩の早い業界にいれば自分も成長し続けられると思いIT業界を選びました。
日立を選んだ理由は、事業フィールドが広いためさまざまな業界に携われる可能性があり、面白そうな仕事をするチャンスがたくさんありそうだと感じたためです。自分の専門性を高めて社会に貢献したかったことと、社内外問わず頼ってもらえる人になりたかったという想いからSEを選びました。

仕事内容

日立のクラウドサービスの拡販・導入支援をしています。
お客様を訪問して日立のクラウドサービスのご紹介や要件のヒアリングを実施します。お客様にとって最適な提案は何か、お客様の課題に対する解決案を立案してご提案する仕事です。ヒアリングしたお客様のニーズはサービス開発へフィードバックします。受注した案件は、クラウドサービスを提供するまでの導入支援としてプロジェクトマネジメントも実施します。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

お客様の要件をヒアリングするところからシステムの安定稼働まで、色々な立場の人が関わり0からシステムを作り上げていく過程が面白いです。立場の違うプロジェクトメンバー間で時には議論になることもありますが、プロジェクト完遂という共通の目的を持ち、無事に本番稼働を迎えられたときの達成感は言葉では言い表せません。
また、さまざまな業界のお客様と接点を持てるので、社会が動いていく現場を直接見ることができるのはとても刺激的です。

仕事で苦労する点について

答えや正解がない点が難しいです。
お客様の要件を実現する提案をしたいが、クラウドサービスの開発/運用部隊が苦労する状況であったらそれは本当にいいことなのか?と自問自答したり、提案検討ではよく行き詰ります。しかし、お客様にとって何が一番うれしいかをシンプルに考える意識を持つようにしています。お客様にとっても日立にとってもいい状況を生み出すのが理想です。

印象に残っている仕事やエピソード

初めて主担当した案件が印象に残っています。
標準化されているクラウドサービスでは実現できないお客様の要件があり、その実現策検討にはとても苦労しました。新しい試みもあり幾度も問題も発生しましたが、プロジェクトメンバー全員が本気でお客様のために努力した結果、無事に本番稼働を迎えられた時は感慨深いものがありました。プロジェクトの打ち上げでお客様からお礼の言葉をいただけたことや、クラウド導入事例として社外に公開された案件でもあり、自信にも繋がっています。

今後の目標

上司から、”クラウドサービスを売っているのではなく、日立で働く自分を売ってるんだよ”と言ってもらったことがあります。自分らしさを活かしつつ、日立人として成長するためにベンダー資格の取得などで自分の専門性を高めながら、周囲の方々から一緒に働きたいと思ってもらえる人になりたいと思っています。関わる方々の笑顔が増えたら最高に幸せです。
また、これまでは職場の方々に育ててもらうことが多かったので、今後は後輩を指導する立場になっていきたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

学生時代の友人や会社の同期と会うことが多いです。
さまざまな業界の事情を知れるのはとても面白く、みんなが頑張っている姿を見るとモチベーションになります。また、海外の文化に触れるのが好きなので、長期休暇にはよく海外旅行に行きます。今年度もロサンゼルスと香港に行ってきました。その他、英会話に通ったり読書や映画鑑賞など、休日の方が忙しいくらいアクティブに過ごしています。

一日のスケジュール

8:30 出社。メールチェックなど
9:00 課のミーティング。先週の出来事の報告及び今週の予定などをメンバー間で共有する。困ったことがあればここで相談
10:00 社内打合せ。お客様への提案活動に関する方針を議論する
12:00 昼休憩。先輩とランチ
14:00 お客様先を訪問してサービス紹介、ヒアリングなど
16:00 社内打合せ。お客様要件を実現するためのサービス構成を検討する
17:00 デスクワーク。打合せ内容を踏まえたサービス構成の検討、見積もりなど
19:00 退社

同じ職種の先輩