本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

赤井

さまざまな「会社を良くしたい」という思いや考えを聞くことで<br />自分なりの会社経営に関する考えに繋げていくことができます

入社動機

私は大学時代に商学部で「国際マーケティング」を専攻しており、特にゼミでは「企業のブランド力」について勉強していたので、自動車メーカーや電機メーカーについて、考える機会が多く、自然とこの分野で働くことに魅力を感じるようになりました。日立はさまざまな事業フィールドがあり、人々の暮らしを豊かにできる多くの製品を世に送り出してることに大変魅力を感じていましたし、何より内定をいただいて以降、多くの社員の方と話をする機会がありましたが、全員が自分の仕事に誇りを持って取り組んでいるところに刺激を受け、この会社だったら自分がたとえどの分野の仕事に就いても、自分の信念と覚悟を持って取り組むことができると思い、入社しました。

仕事内容

入社後約8年間は関西支社で勤務し、従業員のワークライフバランスや安全衛生施策の立案・推進等を行なってきました。2014年からは、インフラシステム社の大みか事業所に転勤し、現在は、大みか事業所の人事担当として、組織編制や人事ローテーション、昇給・賞与などの処遇、人員計画の策定、社内外の表彰などを担当しています。
その中で、組織編制に関する仕事について紹介します。新しい組織を立ち上げる際、その組織の目標を達成し、会社の業績に貢献するために、「その組織がどういう役割を担うのか」「どういうスキルや経験を持った人財を配置するのか」を職場と一体となって検討しています。日ごろから、現状の経営課題や今後のあるべき姿を考えるとともに、従業員一人ひとりの経験、スキルといった一人ひとりの価値を高めていくための、人事育成計画の策定とその実現に向けたサポートを職場と一体となって行なっています。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

人事総務の仕事の面白みは、(1)今後の事業展開や経営戦略に関する多くの社員の意見が聞けること (2)従業員のビジネスパートナーとして、社員の考えを人事総務の立場からどのようにサポートできるのかを考え、実行に向けて仕事を任せてもらえることです。
人事総務の職種は、ローテーションが活発です。海外拠点を含め、多くの事業所を経験し、営業・設計者・製造現場など、さまざまな職種の人たちの「会社を良くしたい」という思いや考えを聞くことで、自分なりの会社経営に関する考えの形成に繋げていくことができます。また、経営幹部を始めとして、社員の方々の声を、日々聞くことで、人員計画の策定、採用選考数や基準の検討、組織編制といった人事面、育児・介護といった勤務制度の取得促進、残業縮減施策の立案などの勤務に関する施策など、「人」に関するさまざまな施策を通して、社員のサポートをします。我々、人事総務の仕事の価値は、ビジネスパートナーとして、日々、社員の意見を聞き、一人ひとりがモチベーション高く、やりがいを持って仕事をしてもらえるような施策を立案、実行することにあります。それが正に仕事の醍醐味であり、日々、楽しく、わくわくした気持ちで仕事をしています。

仕事で苦労する点について

人事総務担当者は、従業員のビジネスパートナーとして、社員のモチベーションを高め、やりがいをもって仕事に取り組んでもらうため、さまざまな施策を立案し、実行します。施策の立案にあたっては、社員が「今何を求めているのか?」営業と同じように、職場のニーズを集めることが重要です。そのためには、日ごろから自席に座ってパソコンの前で仕事をしているのではなく、職場に何度も足を運び、社員の声を聞き、その内容を分析し、立案に繋げていかねばなりません。また、一度実行に移した施策も、本当にそれが良かったのか、ヒアリングやアンケートにより、施策の効果を検証し、次に向けてブラッシュアップをしていくことも重要です。「去年こうして取り組んでいたから」「上司がそう言っているから」ではいけません。常にそれを意識し、改善し続けることはプレッシャーが掛かる仕事ですが、その分やりがいも感じます。

印象に残っている仕事やエピソード

印象に残っている仕事として、私が入社して最も長く担当した「ワークライフバランスの推進」があります。「ダイバーシティ」という言葉がありますが、グローバル社会において、女性や外国人などの多様な人財が働きやすい職場環境を構築していくことは、経営課題の一つです。多様な人財が働きやすい職場環境にするためにも、ワークライフバランスの推進は重要です。私は推進担当者として、さまざまな施策を立案・実行しました。例えば、働き方の見直しや残業縮減等を考えるミーティングの実施、2日〜5日間の年次有給休暇の連続取得推進といった、勤務に関する施策や、スポーツ大会や会社見学会といった家族参加型イベントの企画など、仕事以外の時間を大切にする意識の醸成に繋がる施策など、さまざまな施策がありますが、私が「これがやりたい」という思いの実現に向けて、仕事を任せてもらえたことは、大変ありがたく、大きな財産だと思っています。

今後の目標

人事総務としての仕事の価値は、会社で働く人全員が、自分の仕事にやりがいをもち、成果を発揮してもらうことであると思います。そのために、人事総務担当者は、ビジネスパートナーとして、従業員にとって、「必要だ」と思われるサービス(施策)を提供し続けることが重要です。そのためには、自分自身も、日々、自己研鑽に努め、プロとしての自覚を持って仕事をしなければなりません。人事総務担当者として、社員に対して新しい価値を提供し続けることで、社員一人ひとりが、最大限のパフォーマンスを発揮してもらうことが、人事総務としての仕事のやりがいであり、それを通じて会社業績に貢献できるように、これからも取り組んでいきたいと思います。

オフの過ごし方

現在は4歳の息子と生まれたばかりの娘がいますので、妻に変わって子どもの面倒見をすることが多いです。最近は、毎週土曜日に4歳の息子と2人で食材の買い物に出ることも多く、オフの楽しみの一つです。
育児以外では、読書をすることが多いです。特に歴史小説が好きで、多いときは1週間に2〜3冊読んでいたこともありました。小説に出てくる歴史上の人物がどういう人だったのか、どういう考えで行動を起こしていたのかを考えるのも面白いです。時には小説を読みながら、次の仕事の進め方や企画内容が思い浮かんでくることもあり、仕事に繋がっています。

一日のスケジュール

8:00 出社。当日〜翌週くらいまでの業務の予定や進め方の確認、メールチェックなど
9:00 グループミーティング。 1週間の予定の共有、業務の進捗確認、今後の業務予定の確認など
10:00 資料作成。午後からの会議・打合せに向けた資料作成・内部レビューなど
12:00 昼食
13:00 会議・打合せ。組織編制に関する会議・幹部や職場本部長との打合せ
15:00 打合せ内容の確認。打合せ内容の確認と今後に向けた方向性の決定
17:00 資料作成等。会議・打合せ資料の作成・レビュー、メールチェック、翌日の予定確認など
20:00 退社
21:00 帰宅。夕食。自由時間(読書・TVを見るなど)
0:00 就寝

同じ職種の先輩