本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

陳

学生時の専門分野に加えて、さまざまな分野について<br />自分の理解が広がっていくところに面白さを感じています

入社動機

私は「ITに関する専門知識を生かしつつグローバルに活躍したい」という思いを抱きながら就職活動をしていました。日立の説明会に参加したとき、日立はIT事業をはじめ幅広い領域で事業を行っていて、世界を舞台に事業展開していることを知り、日立であれば自分の専門知識を生かしつつグローバルに活躍できると考え、日立を志望しました。
また、選考の過程で、リクルータをはじめ多くの社員が親身になって対応して下さり、自分もこのような社員の方々と一緒に働きたいと思い、入社を決めました。

仕事内容

私が所属しているクラウドサービス事業部では、クラウドサービスやデータセンタサービスを提供しています。データセンタは、お客様のITシステムを地震等の災害から守り、ネットワーク通信や装置の監視・運用等のサービスを提供する専用の建物です。我々のデータセンタには、仮に障害が発生すると、社会に重大な影響を及ぼす可能性のある大手金融機関、官公庁をはじめとする高い信頼性が要求されるITシステムが設置されています。
入社後は中国へ進出する日系企業に対して日立のクラウドサービスやデータセンタサービスを提供できるよう、我々の事業を中国へ拡大するための事業企画に2年間携わりました。今年度からは、データセンタサービスを開発する部署に異動し、データセンタに関するサービスの企画・開発およびデータセンタを設計・建設する業務に取り組んでいます。

仕事の面白さ・醍醐味について

お客様や官公庁からお預かりしている、社会的にも決して停止することが許されないITシステムを、24時間365日支えるデータセンタの業務にやりがいを感じています。データセンタに関する業務では、建設・電気・空調・ITなど幅広い分野における知識に加えて、それを安心・安全に運用するための多くのノウハウが要求されます。学生時の専門分野に加えて、さまざまな分野について自分の理解が広がっていくところに面白さを感じています。

仕事で苦労する点について

お客様やITシステムの構成により、要求されるデータセンタの立地や仕様が異なる点です。万が一の地震や津波による災害に対して安全な立地を求めると、都市部から離れた地域が有利となる場合はありますが、一方でIT機器の障害などに対応するためには、お客様拠点のある都市部にデータセンタがあることは有利となります。また電気代やネットワークコストが地域毎に異なるなど、さまざまな条件を考慮しなければなりません。お客様の課題を良く見極めて、課題解決のためのデータセンタを企画・提案していくことが難しいところです。

印象に残っている仕事やエピソード

あるデータセンタの利用要件に関するヒアリングシートを作成した時のことです。私はこれまでにヒアリングシートを作成した経験がなく、過去の類似資料を参考にして作成しました。自分なりに完成したつもりでしたが、上司からはお客様や営業担当の視点で作成できていないという指摘を受けました。サービスを提供する事業者側の視点でしか考えられていないことに気づき、お客様へサービスを提供するまでにはさまざまな人が関わっており、それぞれの視点で考えることの重要性を痛感しました。

今後の目標

IT業界ではクラウドの利用が進んでいます。クラウドのシステムでは、従来よりも設置面積当りの消費電力、重量が大きくなり、データセンタ間のネットワーク化が必要など、データセンタの仕様に関わる変化が起きています。将来には、このような世の中の動きやお客様のニーズを踏まえて、自らの手でデータセンタを企画し建設できるようになりたいと考えています。そのためにも、データセンタに関する知識やノウハウの習得を日々心がけ、社内・社外の方々と協力して仕事が進められるよう、日常業務の中で経験を積んでいきたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は、一週間の疲れを取るため、良く睡眠を取るようにしています。
ジムで汗を流したり、友人と買い物に出かけたりして、心身ともにリフレッシュしています。
また、平日に溜まってしまった家事をこなし、次週に向けての準備をします。

一日のスケジュール

8:50 出社し、メールのチェックと仕事の洗い出しを行う
9:30 資料の調査や作成を行う
11:30 社外会議に向けて準備
12:30 昼休み
13:30 社内で事前に打合せし、資料を修正
16:00 社外関係先の会議
18:00 議事録を作成し、関係者に展開
19:00 翌日の業務を確認し、退社

同じ職種の先輩