本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

加納

超上流工程の案件では、3〜5年後のビジネスをるため<br />世の中の動きに対して常にアンテナを張る必要があります

入社動機

大学内の会社説明会で、先輩社員が親身になって就職の相談に乗ってくださったことがきっかけで、日立の方と一緒に働きたいと思いました。
在学中は、センサネットワークの研究を通じて、ものづくりの楽しさを味わうことで、漠然と世の中の役に立つ製品を開発できればと、設計開発職を希望していました。
しかし、日立でシステムエンジニアとして活躍されている先輩社員の話を伺ううちに、よりお客様に近いところで、市場やお客様のニーズを把握しながら、お客様の問題解決に繋がる製品を提供していくシステムエンジニアの仕事の方が、自分のやりたいことにイメージが近いと感じ、システムエンジニア職を志望しました。
先輩社員は、具体的にシステムエンジニアがどのような仕事をするのか、面談等を通じてさまざまな情報を提供してくださり、採用活動を進める中で、日立のシステムエンジニアの具体的な仕事イメージを掴むことができました。

仕事内容

日立独自の超上流工程の手法である 「エクスペリエンス指向アプローチ(Exアプローチ)」 を通して、日立の営業・システムエンジニアが対応するお客様への提案活動を支援することが、私の部署のミッションです。
これからのシステム開発では、システムベンダーは単に日立の技術・求められている機能の提供をするだけでなく、お客様と共にシステム開発を進めること、特に、システムのユーザとなる現場で働く人の本質的な課題を解決し、より現場の人たちにとって使いやすいシステムを提供することが求められています。
私たちの部署がプロジェクトに参画し、日立ならではの新たな手法を取り入れることで、よりお客様にとって価値のあるシステム提案を進めることをめざしていきます。

仕事の面白さ・醍醐味について

超上流工程の案件では、3〜5年後のビジネスを考えながら提案活動を進めるため、世の中の動きに対して常にアンテナを張る必要があります。プロジェクトのメンバとお客様のシステムの将来像イメージをまとめるために、議論をし、ドキュメントを作成しながら、「20XX年にはどんな世の中になっているのだろうか?」と想像することは非常に楽しいです。
特に私は、現在1歳半になる娘もいるので、彼女の将来像もイメージしながら提案活動を進めるとわくわくしてきます。

仕事で苦労する点について

娘の体調不良で急遽帰宅しなければならなくなった時は、仕事の調整で苦労することがあります。
しかし、日立では、社員に普通のパソコンではなく、シンクライアント端末が配布されているため、自宅にいても会社内と同等の環境で仕事をすることができます。また、スマートフォン端末も配布されており、いつでも会社のメールを確認することが可能です。会社がIT環境を整備してくれているおかげで、子育て中の社員でも仕事がしやすい環境が整っています。
また、仕事と育児・介護を両立するための支援制度も整っていますので、子育て中の社員でも、仕事を続けながら家庭も充実させて、ワークライフバランスの実現が可能だと思います。

印象に残っている仕事やエピソード

現在の仕事で最も印象に残っているのは、日立社内の営業・システムエンジニア、新入社員向けに 「エクスペリエンス指向アプローチ(Exアプローチ)」の手法を伝える講座を担当したことです。日立の社内でも、超上流工程というとキーワードを聞いたことはあるが、どういったものなのか分からないといった声をよく聞くため、宣伝や教育の活動を行っています。私は講師として、Exアプローチの手法を説明することが多いのですが、受講者からたくさんの質問が出たり、もっと詳しく知りたいといった要望をいただけることもあり、特にセミナー自体が盛り上がったときには、非常に手ごたえを感じます。

今後の目標

仕事では、現在の部署での超上流工程での案件対応を通して、提案活動を推進できるシステムエンジニアになることをめざしていきたいです。10年後の自分がどうなっているか、娘がその時にはもう小学生なのかと思うと、まだ、なかなか想像がつかない部分も大きいですが、今よりももっとパワフルに仕事と育児を両立できるよう、心身ともにパワーアップしていたいと思います。成長した娘には、会社ってこういうところだよ、システムエンジニアってこんな仕事だよ、と働くことの魅力を伝えられたらいいですね。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

週末は、夫と娘の家族3人で買い物に行ったり、近場のレジャー施設に行ったりしています。夫も育児に協力的なため、平日の帰宅後と週末は夫1人で娘の世話をしてくれます。去年、自宅の近くにヨガスタジオがオープンしたため、学生時代からの趣味のヨガのレッスンも再開しましたが、その間も主人が娘をみてくれています。
実家の両親が徒歩5分以内の場所に住んでいるため、実家の両親と出かけることも多いです。週末に実家の両親が会員になっている業務用スーパーで買い物をして、二家族で食材をシェアしたり、和気藹々とやっています。

一日のスケジュール

8:50 出社。まずはメールチェック。昨日の業務の状況や今日の仕事のスケジュールを確認
9:30 プロジェクトのメンバとメール内容を踏まえて打合せ
10:00 資料作成や資料の読み込み、情報収集など
12:00 昼食。自分の席でお弁当を食べながら、夕飯の献立と買い物を計画
13:00 営業・SEとの打合せに向けた資料作成
15:00 営業・SEとの打合せ。議事メモ作成等
17:30 退社
20:00 帰宅後、家事がひと段落ついたタイミングで携帯からメールチェックと明日の予定を確認

同じ職種の先輩