本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

河野

国籍や性別問わす?タ?イナミックな考えに触発され、<br />自分の世界か?広か?っていくことを実感しています

入社動機

大学時代にフィールドワークでインドを訪問し、現地の人々の前向きかつダイナミックな発想に非常に感銘を受け、将来、発展途上国でビジネスを通じて社会貢献をしたいという意識が芽生えました。グローバルに様々なビジネスを展開している日立なら途上国に関わるチャンスも多く、またインフラ分野で定評のある日立なら社会貢献の実感を得ることが出来ると思いました。

仕事内容

私の所属する営業統括本部地域戦略本部ではマーケットの声を日立グループの各事業部門の事業戦略と有機的に組み合わせ、グローバル市場で優位性のある戦略を策定し、その実現に向けた舵取りをしていく役割を担っています。 日立の事業領域はとても広いですが、それぞれの事業部門やグループ会社が持つポテンシャルを最大限に引き出し、日立グループ全体のグローバルビジネスを伸ばす、という大きな流れを形成していくのが我々の仕事の本質であり、そこにやりがいを感じています。

仕事の面白さ・醍醐味について

企画という仕事の経験はまだ半年程度なのですが、各地域の営業や戦略担当、研究者など多くの人と関係し、仕事を進めていける面白さがあります。もちろん社内だけでなく社外の方とも積極的に情報交換をする機会が多く、国籍や性別問わずダイナミックな考えに触発され、自分の世界が広がっていくことを実感しています。またグループ全体を見渡すと様々な事業をグローバルに展開しており、「こんなことも日立は行っているのか」と日々驚きや発見があります。元々、知的好奇心は旺盛な人間なので多くのことを学び続け、新しいアイデアを提案、実行していきたいです。

仕事で苦労する点について

日立グループ全体の事業領域を正しく把握するのは簡単ではなく、社内のプロフェッショナルの方々や外部の専門家との打合せでは事前に市場の特徴、プロジェクトや製品などの詳細を調べて疑問点をまとめたり、自分なりの仮説を構築する準備が不可欠です。
また最近は財務会計の知識を求められることも多く、日々勉強が必要です。業務の中で新しい知識を身につけられるのは自分にとって大変貴重な経験になっていると感じますし、今後もこのような機会を積極的に活かしていきたいと思います。

印象に残っている仕事やエピソード

先日、経営幹部が出席する国際会議の準備のために出張しました。その会議には世界各国から官・民含め社会に影響力のある方々が多く参加しており、世界の最新の潮流を把握する貴重な場となっています。私は同僚と共に現地でのお客様やパートナーとの打合せのセッティングや会議事務局とのコミュニケーションなどを担当しました。
この国際会議の活用は今後の日立のビジネスチャンスを広げる一歩になったと思いますし、それに主体的に関係することができたことは非常に印象深いものでした。

今後の目標

私は白物家電のマーケティング、製品営業からキャリアをスタートしました。アラブ首長国連邦のドバイにも3年半の間駐在し、多国籍な現地スタッフと一つのゴールに向かって活動していくことのやりがいを感じました。 やはりチームが強くなるためにはひとりひとりが強くなる必要があり、各人が従来のやり方にとらわれず常に新しい考え方や新しい提案に力を注ぐことの重要性を身を以って学びました。今後もこれまでの経験を活かし、日常的な革新に取り組み、失敗を恐れず実行することで日立のグローバルな成長に貢献したいと考えています。明るく前向きに挑戦していきたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は仕事のことを忘れ、ラグビーなどのスポーツ観戦や友人と一緒においしいものを食べたりしてリラックスしています。最近は国内旅行に行くことも多く、ローカル鉄道に乗ったり、普段行けない場所に足を伸ばしています。

一日のスケジュール

8:00 出社、メールチェック、返信対応
9:00 部内のミーティング、デスクワーク
12:00 昼休憩、社員食堂で同僚と昼食
13:00 事業部門とのミーティングで外出、プロジェクトの進捗報告
16:00 関係者へのメール、デスクワーク(翌日の仕事の整理等)
19:00 退社

同じ職種の先輩