本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

祖山

自分の取り組んだ仕事が成果物として残るのは<br />モノづくりの醍醐味だと思います

入社動機

大学の専攻と異なりますが、漠然と最先端技術であるITに興味がありました。また、モノづくりに携わりたいという思いがあり、システムエンジニアを志望しました。
メーカー系の中でも、事業分野が広く、ITと組み合わせることで他社では解決が難しいお客様の課題も解決できるのではないかと思い、日立を選択しました。

仕事内容

お客様は、主に精密機器製造業です。グローバル進出が進む製造業のお客様は生産拠点・販売拠点が世界中に広がっており、それに伴って業務体制もグローバル対応が迫られています。日立グループでの実績やノウハウを結集し、グローバルビジネス拡大をサポートするシステムを提供しています。
現在はシステムの開発・性能確認テストを実施しており、お客様へのヒアリングを重ねて設計されたシステムがどのように構築され、品質を担保していくのかを学んでいます。

仕事の面白さ・醍醐味について

システム構築に携わるためにはITに関する幅広い知識が必要です。私は情報学専攻ではなかったため知らないことが多く、プロジェクト概要を理解するのにも一苦労です。しかし日々新しい学びがあり、できることが増えているのを実感できるのでとても充実しています。
また、自分の開発したプログラムが仕様書通りに動いたときは大きな達成感があります。問題の原因を見つけて修正をするのは簡単なことではないですが、そうして自分の取り組んだ仕事が成果物として残るのは、モノづくりの醍醐味だと思います。

仕事で苦労する点について

自分の仕事の状況を端的に伝えることに難しさを感じています。先輩方からフィードバックをもらうために自分の進捗状況などを説明する際、話がまとまらず長くなってしまい、もどかしく思うことがよくあります。
分かりやすく端的に伝える能力は、仕事のどのシーンにおいても重要です。現在、先輩方の話し方を参考に日々経験を積んでいるところです。

印象に残っている仕事やエピソード

外部イベント"Hitachi Innovation Forum 2014 TOKYO"に展示説明員として参加した時のことが印象に残っています。私は製造業向けの生産管理・在庫管理システムの紹介を行っていました。ブースにいらっしゃるお客様は、実際に製造業や流通業のお仕事をなさっているプロの方々です。初めは自分の拙い説明でお客様が理解してくださるのか、納得してくださるのか、不安でした。
お客様にシステムについて説明し、「こんな便利なシステムがあるんだね」「導入を検討してみるよ」と興味をもってくださった時は、とても嬉しかったです。
コミュニケーション能力は、相手に正しく伝えること以外に相手を理解することも含まれています。やみくもにシステムを紹介するのではなく、お客様の仕事の現状を理解し、それに対応するシステムの機能を紹介することが大切であると身をもって体験しました。

今後の目標

今後は、お客様と直接対話をする機会も増えてくると思います。お客様の期待に応えるための能力・知識を都度獲得し、どんな時も誠意をもって真摯に対応し、社内外の関係者の方々から信頼されるシステムエンジニアになりたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は外に出かけて、友人とのんびり過ごしてリフレッシュしています。
入社後にゴルフを始め、会社の同期とゴルフをしていることも多いです。
ワークライフバランスを保ち、平日も休日も楽しんで過ごしていきたいと思っています。

一日のスケジュール

8:45 出社し、メール・スケジュールチェック
9:00 当日行うタスクを洗い出し、優先順位をつける
9:15 前日の続きで、性能確認テストの実施項目リストを作成
10:30 品質が担保されるテスト項目となっているか、プロジェクト内で網羅性の確認レビュー
12:15 昼休憩
13:00 指摘をチェックリストに反映させ、テスト実施
17:30 退社

同じ職種の先輩