本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

寺尾

自ら作成したプログラムが問題なく動き<br />不安が一瞬で吹き飛ぶぐらいの達成感を味わうことができました

入社動機

就職活動時、「すべての人々の生活をより豊かにしたい」と考えていました。そんな中で日立の見学会や大学で開催されていた会社説明会に参加し、自らの思いを実現できる最先端のIT技術と人財が日立には存在すると確信しました。また、説明会やOBOG訪問でお世話になったリクルータの先輩方の雰囲気に惹かれ、一緒の職場で働きたいと思ったのも入社を決めたきっかけです。

仕事内容

現在は賃貸住宅総合管理システムの経営分野に携わっており、主にシステムの設計・開発を行っています。周りの先輩方に支えてもらいながらお客様のニーズに応えられるよう日々努力しています。

仕事の面白さ・醍醐味について

まだ1年目ですが、システム設計や開発に限らず多くのことを経験させてもらっています。その際のレビュー会議では様々な意見を直接聞くことで学ぶことも多くありますし、視野も広がります。
最近では自ら作成したプログラムが問題なく動き、先輩方に「よく頑張ったね」や「ありがとう」と言ってもらい、とても嬉しかったですし、それまであった不安が一瞬で吹き飛ぶぐらいの達成感を味わうことができました。ただ、現状に満足することなく、これからも常に上をめざしていこうと思います。

仕事で苦労する点について

会議に参加すると分からない用語が飛び交うことが何度もあり、理解するのに時間がかかることが多々あります。積極的に新しい知識を吸収し、早く一人前のSEになれるよう取り組んでいます。

印象に残っている仕事やエピソード

昨年の10月に初めてシステム開発に携わりました。私にとってお客様と関わる最初の業務であったため取り組む前は不安しかありませんでした。しかし多くの方々にサポートしていただき、無事に締切日までに終えることができました。当時の達成感は未だに忘れられません。SEという仕事は個人で成り立つものでは決してなく、チームで成り立っていることを身に感じました。

今後の目標

まずは知識を習得することがいまの自分に必要だと考え、課題であると思っています。日立では1年目からたくさんの経験を積むことができ、また研修の種類も豊富にあります。このような知識や技術が身に付く機会を大いに活用し、何を聞かれても答えられるようになることが目標です。そして、仕事と家庭を両立できる「かっこいい女性SE」を目指します。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

会社の同期や大学の友人、先輩と遊びにいくことが多いです。買い物に行ったり飲みに行ったりすることでオフを楽しんでいます。最近ですと日立サンロッカーズの試合を見に行きました。
今後もオンとオフのメリハリをしっかりつけ、社会人生活を全うします。

一日のスケジュール

8:30 メールチェック、スケジュール確認
9:00 システム開発業務(プログラム作成など)
12:00 昼休み
13:00 業務再開、レビュー、会議資料準備
20:00 週報を作成して帰宅(同期や上司と飲みに行くことあり)

同じ職種の先輩