本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

山川

困難があっても逃げずに力を合わせて立ち向かうというのは<br />ある意味日立の文化なのではないかと感じています

入社動機

日立というフィールドは大きな可能性を秘めていると感じたことが一番の入社動機です。
ITそのものやITを使って仕組みを作り社会に貢献するSEという職種に興味はあったのですが、会社に入ったらこれがやりたい!といった強い思いや考えはありませんでした。日立は電機メーカーの中でも事業範囲がとても広く、やりたいことを見つけた時に日立ならばできるのではないか、それによって社会に貢献できるのではないかと思いました。
また、選考過程の中で多くの面接官や社員と話す機会を重ねるにつれ、一緒に働いてみたいと自然に思えたことも決め手になりました。

仕事内容

製造業・自動車関連業界を中心にこれまで10社ほどのお客様に対して、サーバ・ストレージ・ソフトウェア等のインフラ環境の構築やアプリケーションの開発といったプロジェクトを担当させていただきました。
プロジェクトでの役割は主にアカウントSEです。アカウントSEはお客様と直接接する機会が多く、社内の意見を集約してお客様と交渉をしたり、技術的な内容を説明したりといった仕事をしています。
また、プロジェクト管理も主な仕事です。何の問題もなく、当初の計画通りに進むプロジェクトというのはまずありません。なるべく問題が発生しないように、発生しても大きな問題にならないように、進捗管理や課題管理を適切に行います。
2013年からは、テレマティクス関連サービスの運用・拡販を担当しています。

仕事の面白さ・醍醐味について

多数の関係者がプロジェクトの目標に向かって突き進み、達成した時に大きな満足感を得られることが醍醐味と感じています。
小規模プロジェクトでも一人ではできません。大規模プロジェクトともなればプロジェクトメンバーとして100人以上が関わることもあります。加えてお客様や社内スタッフもいます。さまざまな立場のメンバーが集まって同じ目標に突き進むことは簡単にはできません。特に大きな問題に直面した時にその難しさを感じます。しかしその人の立場になって物事を考え、諸先輩からの助けも借りながら粘り強く対応していくことで次第に一体感は高まっていきます。そしてシステム本番稼働を無事に迎えることができた時は達成感があります。

仕事で苦労する点について

コミュニケーションを正確に取ることには苦労します。
伝えたつもりの事が相手に伝わっていなかったり、違う意味で捉えられていたりすると「何でこんな事もわからないのか?」と憤りを感じることもありました。しかし個人の性格や組織の立場が違えば同じ言葉でも受け止めるニュアンスが違うことは当然です。ましてや日本語を正しく使えることは最低限必要なことです。経験の浅い頃はその事が分からず、とても苦労しました。今は相手によってコミュニケーション手段を変えたり、言葉を変えたり、何度も確認したりとやり方を変えるようにしていますが、それでも正確に伝える・理解するということは難しいですね。

印象に残っている仕事やエピソード

あるトラブルプロジェクトでの話です。
そのプロジェクトは別部署で担当していたのですが、納期が迫る中不良がなかなか収束しないといった状況で、急遽私は支援に入りました。同じように他部署、パートナー企業等から支援で集まったメンバーと共にSI管理を任されたのですが、元々のメンバーは多忙を極めていてあまり話もできず、状況や背景などが全く分からなかったため最初は途方に暮れました。そんな中でも各々で知恵を出し合い、積極的に議論を重ねて必要な事を考え、SIの運用フローや手順書、申請フォーマット、ツール等を整備し、24時間シフト制で運用を回しながら責任感を持って役割を果たしました。困難があっても逃げずに力を合わせて立ち向かうというのは、ある意味日立の文化なのではないかと感じています。

今後の目標

現在担当しているテレマティクス分野で事業拡大を目指して貢献していきたいと考えています。そのためにITスキルや業界知識、プロジェクトマネージメント能力など自己研鑚に努め、社内外から信頼されるパートナーになることをめざしています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

平日時間がある時は、同僚と野球観戦や皇居ランで楽しんでいます。
休日は子供と過ごす時間が多いです。公園で遊んだり、子連れOKのお店でランチしたりしてゆっくり過ごしています。

一日のスケジュール

9:20 出社。メールチェック。プロジェクトスケジュール、タスク・フォローリストの確認
10:00 週一の部内ミーティング。業務進捗状況や予定を共有
12:00 お客様先への移動も兼ねて外出ランチ
13:00 お客様との打合せ
14:00 打合せ結果を受けて社内ミーティング。認識合わせや今後の対応検討
15:00 デスクワーク。メールチェックや資料作成
19:00 退社

同じ職種の先輩